今年、JKGメーカー会員に合格した藤江謙司さんがお店に来てくれました。今年のJKGナイフショーでいよいよナイフメーカーとしてショーにデビューする予定で、今から着々と準備を進めています。

基本的にはラブレススタイルのナイフを製作しており、セミスキナー、ユーティリティやシティナイフなどのスタンダードなモデルを多く作っています。一方でオリジナルデザインも積極的に製作しています。

今回お店に来て見せてくれたのがオリジナルというかお客さんのアイデアを形にしたというウッドクラフトナイフです。片刃の切り出しの進化系といった趣き。

ホローグラインドの片刃なので、ものすごくよく切れる。
この後、製作のきっかけとなったウッドワーキングをしているお客さんから意見をもらい、さらにデザインをブラッシュアップしていくようです。

汎用性のあるナイフもいいですが、こういう機能特化型のナイフもまたすごく魅力的です。前述のように、このナイフの作者である 藤江謙司 さんは今年(2019年)のJKGナイフショーでショーデビューをします。このナイフも会場で見ることができると思います。ぜひショーにお越しの際はテーブルに寄ってみてくださいね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です