ナイフに入れるオリジナルロゴのステンシルを製作したので、その流れをご紹介します。
今回ご依頼いただいたのは「工房福江のF氏」さん。数年前からナイフ製作をされていて、いつかはロゴを…ということでデザインをずっと考えておられました。とうとう大まかなデザインが固まり、いよいよ製作することになりました。

元データをデジタル化

ロゴの製作については、基本的にはお客様ご自身にデジタルデータを作ってもらい、それをそのままステンシルにするというのが一番早いやり方なんですが、だれもがパソコンに詳しいわけでもないので、大まかなデザインをMatrix-AIDAでデジタル化もしてます。

要は、手書きのラフスケッチを送ってもらってそれをスキャンしてそのままデジタル化したり、少し修正を加えてレタリングしていきます。FAXでもいいんですが、ちょっと端部ががたがたになってしまったり線が歪んでしまうことがあるので、なるべく原本をお預かりしています。

今回は、手書きのラフスケッチを郵送で送っていただきました。A4くらいの大きさで大きめに書いていただきました。サイズが大きい方が色々と都合がいいです。

これをうちで Illustrator を使ってデジタル化します。
今回はオリジナルをスキャニングしてから手作業でトレースしていきました。こうすることで手書きのブレなどが修正されてシャープなイメージになります。

データ確認

デジタル化できたものをお客様に見ていただき、イメージと齟齬がないか確認してもらいます。併せてナイフに入れる為のサイズをチェック・決定します。デザインとサイズによっては字がつぶれてしまったり線が細くてうまく入らかったりすることもあるので、入念にチェックをしていきます。

製作するナイフの系統や良く作るサイズなどを勘案してサイズを決めていきます。経験上、おおまかに横幅10~20㎜くらいが目安で作ると大体いい感じに仕上がります。もちろんデザインによって異なりますが。

ステンシル製作

F氏にサイズもデザインもOKをもらい、いよいよステンシルを製作。だいたい1週間くらいで完成します。

一週間後、上がってきたのが下図のポジフィルムとステンシル。

ポジフィルムはいわゆる原版。これがあればステンシルを何度でも製作することが出来ます。
ステンシルは実際に名入れの時に使うフィルムのような物。1枚で数十本のナイフに名入れすることが出来ます。使い続けると傷んでくるので、にじみが出る様になったらポジフィルムを使って新しいステンシルを製作します。(写真のロゴは筆者の友人がやってる接骨院のもの)

左の透明のものがポジフィルム(原版)、右のピンク色がステンシル。

名入れ(エッチング)

ステンシルが出来上がったら、いよいよ名入れ。

完成したナイフをお預かりして、任意の位置で電解エッチングによる名入れを行います。
以前名入れした時の動画を撮っておいたので再掲します。

ご覧の通り、ステンレスであればこのように黒く名入れをすることが出来ます。爪で引っ掛かるくらいの深さに彫られているため、半永久的にそのマークが消えることはありません。

完成

F氏のナイフにも無事に名入れが完了。頂いたイメージ図通りに仕上がりました。

F氏からも、「私の拙い手書きから正に思い描いていたロゴに仕立てて頂き、言葉もありません。ありきたりなマークと言えばそれまでですが、これまで自分にのみ許された存在自体を持たなかったので、何と申し上げて良いか分かりません。」と過分なメッセージを頂戴してしまいました。喜んでいただけたようでなによりです!

こんな感じの流れで、オリジナルロゴの製作は進んでいきます。ぼんやりとしたイメージからでもロゴ製作をお手伝いしてますので、ナイフの名入れに関してはMatrix-AIDAまでお気軽にお問い合わせくださいね!

https://matrix-aida.com/knifemaking/etching/etching_original/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です