2010 JCKMカスタムナイフショーに行ってきた


4月10日~11日にかけて行われたJCKMカスタムナイフショーに行ってきました。
土日開催で天候もよく、お客さんは大入りで大変賑わっていました。
さすがにプロの出店者が多いショーだけに、素晴らしい作品をたくさん見ることができました。
そんな作品をいくつかご紹介です。

桜井和幸さん

驚いたのが、この櫻井さんのフォールディングナイフです。
言葉だとわからないんですが、ブレードを開閉するときにカチカチと音がするんです!
どんな構造なのか・・・ 猫のフォルムも可愛い…
ナイフ小僧のブログ-桜井和幸
こちらも凝った構造のフォールディング。
バリーウッドタイプと思いきやもうバックのロックに一工夫あってとても面白いナイフでした。
ナイフ小僧のブログ-桜井和幸

榊原正樹さん

ナイフ界の重鎮、榊原さんの作品。
マイカルタとスタッグやアイアンウッドを使った個性的なハンドルが素敵です。
僕は、榊原さんのロウソクマークがシンプルで好きです。
ナイフ小僧のブログ-榊原正樹

タイアーツコレクション

タイアーツコレクションではジェスホーンが有りました!
海外有名メーカーのナイフを見て、触れることが出来るのもJCKMの魅力の一つです。
ナイフ小僧のブログ-タイアーツ

山本徹さん

あいかわらずすごいフォールディングが展示されていました。
圧巻だったのは、2年前のJKGナイフコンテスト受賞作のこのナイフ。
ちょっと写真が悪くて見づらいんですが、なんとフォールディングなのにテーパータングなんです!すごい!
こういうスゴ技を難なくやってしまうあたり、プロは恐ろしいですね・・・
ナイフ小僧のブログ-山本徹

安永朋弘さん

正統派的なハンティングナイフが多く展示されていた安永さんのテーブル。
安永さんは次回のナイフマガジンに掲載されるそうです!期待大ですね。
ナイフ小僧のブログ-安永朋弘
このほかもすごいナイフが沢山展示され、面白い話をたくさん聞けました。
実際にナイフを見て触ってみると新たな発見が沢山あり、本当にナイフショーは面白いですね。
ぜひ、次回はあなたもナイフショーに足を運んでみてください!
では。
ありがとうございました。


“2010 JCKMカスタムナイフショーに行ってきた” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    石のブレードって凄いですね。
    普通に削るのは無理そう…
    銀座で一回お会いしましたが、「ここまでやらなきゃカスタムナイフとは言えない!」とおっしゃってて、耳が痛かった記憶があります^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です