ホワイトリネンマイカルタや、人工大理石、ボーンスラブなど、白いハンドル材は清潔感があり、仕上がりも美しいため人気があります。ただ、その一方で仕上げの時に金属を研磨した際の汚れが入ってしまうのが悩みの種ですよね。 せっかくきれいにしたいのにど[…]

銀座ブレードショーでお客さんと話をしているときに、ふとバッグに目をやると粋な靴ベラが。なんとこれ、ナイフを作った時に出たハンドル材の余りで作ったもの良い大きさとおしゃれ感で、「ぐぬぬ…」と、欲しい気持ちやなぜ自分が思いつかなかったのかと、す[…]

デザインによってはブレードバックなどにサム・グルーヴ(thumb groove)とかジンピング(Jimping)と呼ばれてるギザギザの溝加工をして、滑り止め機能をつけたいときありますよね。こんなの。 この加工をするには専用に作られたチェッカ[…]

Matrix-AIDAのハンドスケルペルセミスキナーのシースを交換したいとのご依頼をいただいて、新たに製作しました。   今回はズボンなどにぶら下げることのできるナスカンをダブルゲート・カラビナに変更してほしいというご依頼でした。[…]

いつの間にやら錆びてしまったヤスリ、工具箱に入っていませんか?錆びたままでもヤスリは使えますが、見た目も悪いし、他のものに錆がうつってしまったり、工具箱が汚らしくなってしまいます。普段から身を粉にして働いてくれるヤスリ君。たまにはサビをとっ[…]

ナイフにかぎらず、うちのお店にはいろんな趣味や特技を持った方がいらっしゃいます。アバロンや白蝶貝を探していたらうちにたどり着いたというお客様がいて、その方が自分でカスタマイズしたシルバーのZIPPOやミンティアケースを持ってきてみてせてくれ[…]

コンシールドタングとは コンシールドタング(concealed tang)とはヒドゥンタング(hidden tang)とも呼ばれ、タング部分を隠した構造のナイフのことを言います。いわゆるナロータングと呼ばれるものもその中に含まれます。 日本[…]

フィクスド・ブレード(シースナイフ)をつくる際に、ヒルトをなくしてしまったり、熱処理前にヒルトを作っている暇がないときありますよね。そういうときにヒルトをあとから作る方法があります。 過去にこちらの記事で絵で紹介したことがありますので、記憶[…]