カイデックスで袋シースを作った


以前から鮎釣りをはじめる仲間のためにナイフを作ってます。
今回は水場で使うこともあり、シースを革じゃなくカイデックスで作ることにしました。
しかし、困ったことに今回作ったナイフにはヒルトがないのです。

「ヒルトがないとロックする場所がない!」
ということで、袋シース型にしてその問題を解決することにしました。

まずは型紙を作ります!

何はなくとも型がなくては始まりません。
方眼紙でシースの方を作り、それに合わせてカイデックスも切っていきます。
ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース
カイデックスをカッター切断するのはそれほど苦労はないのですが、曲線が難しい。
そんな時は、Pカッターなるものがあると曲線を切り出すのに重宝します。

まるっと温めます

ヒートガンを使って全体をまるっと温めます。
1分くらい熱していると、お餅みたいにフニャンフニャンになるので、その時を逃さずササッとバイスで挟み込みます。このバイスが2つくらいあると便利ですね!
ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

数分経つとカイデックスが冷めて硬さを取り戻します。
そしたら、バイスで挟んでいた余分な部分をカッターで切り落とします。

ナスカンを取り付ける

続いては、ナスカンを取り付ける部分です。
これは、以前のエントリにあったように濡れタオルを使って部分的に暖めて加工します。

ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

ちょっと適当に巻いてますが…
濡れタオルで加工する部分以外を覆い、熱を持たないようにします。
そして、ナスカンを取り付ける部分を温め、そのままナスカンを取り付けてしまいます!

カイデックスの袋シースが完成!

あとは、カッターで切り落とした部分やバリをベルトや耐水ペーパーで整えて完成です。
正面はこんな感じ。(余分を切り落とした時の写真です)

ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

ナスカンはこのように付いています。
接着などはしておらず、カイデックスのテンションだけでナスカンをロックしています。
こうすることでナスカンとは別の部品をつけたり、手軽にナスカンを交換することが出来ます。
ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

この方法であれば、バイスグリップだけあれば簡単にシースを作ることが出来ます。
ロックの原理は以下のとおり。
ナイフ小僧のブログ
こんなので、本当にロックできるのか?と心配になるかもしれませんが、
思いのほかこのロックは強く、逆さにして振ってもナイフが落ちるようなことはありません。
手軽に作れる袋シース、是非あなたもチャレンジしてみてください。


ナイフコンテストの準備はいかがですか?


毎年、JKGナイフショーで表彰が行われるJKGナイフコンテストが今回も例年通り行われます。
参加費はもちろん無料。あなたの魂を込めた力作でコンテストに挑戦してみてください。

主な応募規定など

    対象作品:ハンドメイドのナイフ(自作の未発表ナイフ、コラボ作品も可能)
    応募資格:プロ、アマチュア、JKG会員、一般応募を問わず
    応募規定:

      1. 未発表のオリジナル作品であること。
      2. 他者による加工(エングレービング、スクリムショーなど)がある場合は、その箇所と加工者氏名を明確にすること。
      3. 鍛造ブレード・ダマスカスブレードは自作以外のブレードでも使用可能だが、必ず製作者を表示すること。

このほかの応募作品の制限など細かいルールは、下記のPDFまたはJKGのホームページを御覧ください。

応募用紙のダウンロード

下記のリンクをクリックすると、応募要項および応募票をダウンロード出来ます。是非ご利用ください。

第26回JKGナイフコンテスト応募票2010(PDF)

応募受付期間

気になる応募受付期間は、下記の通りです。

    2010年9月1日~9月10日 コンテスト事務局 必着

熱処理の時間を考えると、そろそろ応募期間を意識しておいたほうが良さそうです。
ちなみにマトリックスアイダの熱処理日程はこちら

ナイフの送り先

今回はマトリックスアイダがJKGナイフコンテスト事務局になりました。
送り先は、下記の通りです。
お近くの方は直接お持ちいただいても結構です。

    〒175-0094
    東京都板橋区成増2-26-7 
    マトリックスアイダ内 JKGナイフコンテスト事務局 

コンテスト並びにJKGナイフショーについてのお問い合わせは、JKG事務局 銀座菊藤さんまでどうぞ。

今年の大賞はあなたかもしれません

コンテストまであと1ヶ月半。
これまで作った力作でもいいし、これから新作を作るもよし!
俺なんてまだまだ…なんて思ってるあなた。そんなあなたの参加をお待ちしています。
是非力試しにコンテストに参加してみてください!