消えるボールペンは皮に書いても消えた!


消せるボールペンを使ってて、ふと「皮に書いても消えるんじゃね?」なんて思って試してみたら、見事消えたんです!
早速、実証実験の結果をご報告。
とりあえず、オバQを書きます。
消えるといっても、あんまり筆圧強くしちゃうと筆跡が残ってしまうので注意。
ナイフ小僧のブログ
ボールペンの裏側についているゴムでこすると線が消えていきます。
ナイフ小僧のブログ
ちょっと焦りだすオバQ。しかし時すでに遅し。
ナイフ小僧のブログ
見事に綺麗に消えてしまいました。
ナイフ小僧のブログ
このペンは熱で消えるインクを使用しているそうで、付属の消しゴムの摩擦熱でインクを消しているんだとか。レザークラフトをするとき、型紙から皮に型を取るときなどに使用すると案外便利かも。

追記:
PILOT社のフリクションボールのホームページによると、「フリクションインキは65度以上で消色し、復色させるためにはマイナス20度まで冷やす必要があります」とのことです。コメントで指摘のあったように、寒冷地や冷凍庫などで使用するものには適さないかもしれません。ご使用になる場合はお気をつけ下さい。


“消えるボールペンは皮に書いても消えた!” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    フリクションボールのインクは熱で「消える」わけではなく、
    「透明になる」というのが正解です。
    >型紙から皮に型を取るときなどに使用すると案外便利かも
    -10℃になると色が戻りますから、冷凍庫の中や寒冷地に持っていくと
    消したはずの線が復活してしまう可能性がありますので、お奨めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です