Bark River S-T-S-3 (バークリバー S-T-S-3)のリグラインドとハンドル交換


今回ご依頼いただいたのはBark River KnivesのS-T-S-3のブレード形状変更とハンドル交換です。ブレードを全体的に細身に変更してハンドルをブラックキャンバスマイカルタにします。

Before状態がこちら。

 

まずはボルトを外します。マイナスドライバーで簡単に外れます。

 

先にブレードのリグラインドをしましょう。
ブレードの身幅をほそくするのでまずは狙いの寸法まで削ります。

 

そしたらバーキングの出番です!

 

当てたくないところをマスキングテープで養生して慎重に削ります。
フラットグラインドに近いコンベックスグラインドというオーダーなので、まずはフラットに削り、その後コンベックスに成型していく方法をとりました。
バーキングならばオプションパーツの取り付け方次第でホロー、フラット、コンベックスなんでもござれです。

 

リグラインド終了時の形がこちら。身幅がかなり細くなりました。

 

お客様のご希望通り、マイクロベベルをつけずに研ぎ切りました。

 

続いて、ハンドル取り付けです。
取り付ける前にハンドルとスペーサーを接着しておくと作業が楽です。
あと、取り付けた後に加工できない部分(今回だとハンドル前面とひも穴まわり)は先に仕上げておきます。

 

くっつけてあらかた削った状態。だいぶナイフらしくなってきました。

 

9割方削り終わったらシュナイダーボルトを取り付け、仕上げていきます。
こちらが完成した写真。

ハンドルがピカピカで真っ黒になりましたね。

 

というわけで、Bark River S-T-S-3のリグラインドとハンドル交換作業完了です。
あなたもぜひお気に入りのナイフのリメイクをしてみたり、オリジナルのナイフを作ってみませんか?

初心者大歓迎ですので、お気軽にMatrix-AIDAまでご相談ください。
Matrix-AIDA.com
 
 
 


MENSA 10周年式典イベントに参加してきました


先日お伝えした通り、ナイフとはまったくもって関係のないイベントに参加してきました。MENSAという団体の10周年イベントです。

 

ミッド・テックでバタフライナイフを製作しているryworxさんのお誘いでした。
この前ブログで紹介したところ、日本でも一部のバタフライナイフ・ファンにはすでに人気があって、ryworxさんのファンが愛知県から駆け付けていました。

ナイフと全く関係のないイベントにでると、「カスタムナイフってなに?」とか、「そもそもナイフなんて作ってどうするの?」みたいなナイフショーでは絶対に聞かれないような質問をされ、とても新鮮です。今回も同様の質問をたくさん浴びましたが、自分のやっていることの原点を外側から見つめなおす良いきっかけになりました。結局、ナイフ業界を盛り上げていくにはナイフに興味のない人をこちらに向いてもらうことから始めなくてはいけないんだと痛感しました。

 

MENSAに興味あり?それならば問題を解いてみてください

MENSAは上位2%のIQ(知能指数)を持った人たちが集まる団体です。
下の暗号が解けた人は入会テストを受けてみてはどうですか?

(MENSAのWebサイトから拝借しました。回答はMENSAのWebサイトにあります)