第34回 JKGナイフコンテストの応募総数は…


Matrix-AIDAはJKGナイフコンテストの事務局をさせていただいております。
今年もたくさんの応募をしていただきまして、本当にありがとうございました。

SNSなどで「今年は間に合わない」とかの投稿をよく目にしていて、今年は応募が少ないかなーと心配してましたが、いざ応募期間が始まるとどんどんと応募作品が届きはじめ、最終日にはお店にたくさんのお客様がいらっしゃって、最終的には全部で35作品の応募をいただきました。中にはギリギリまで頑張って仕上げて応募に間に合わせてくださった方や、応募本数を増やすために協力してくださった方、震災&大規模停電をものともせず北海道から応募して下さった方もいらっしゃいました。本当にありがとうございました!

最年少応募者はなんと10歳!

昨晩、すべてのナイフの写真を撮影したのですが、どのナイフも力作ぞろいで、ひとつひとつ楽しみながらやっていたためかなり時間がかかり苦労しました(笑)。今年は年齢の幅が広く、最年少はなんと10歳!そして最高齢は84歳。ナイフメーキングって一生かけて遊べる素晴らしい趣味&仕事なんだなと改めて思いました。

結果発表は10月のJKGナイフショーで!

そしてさきほど、審査員の方々には審査に先立ってすべての応募作品の写真をお送りしました。今月中に審査員が集まって、実物を吟味した上で協議されて各賞が決定します。応募していただいた作品はすべて10月20日~21日にかけて開催されるJKGナイフショーで展示され、結果が発表されます。

今年のコンテストの結果を楽しみに、ぜひJKGナイフショーに足を運んでください。

https://www.jkg.jp/

さあ、今年の大賞はどんなナイフなのでしょうか。今から楽しみです。
 
 
 


博多ナイフショー2018が9月16日に開催されます


ナイフメーカーの間狩純平さんが主宰する、「博多ナイフショー」が今年初めて開催されます。
新たなナイフメーカーの発掘やほかのナイフショーにはないイベントなどを企画しているそうで、これまでにないナイフショーになりそうです。
ぜひ新たな歴史の始まりを見に行ってみてはいかがでしょうか?

日時:

2018年9月16日(日)10:00~17:00

場所:

博多スターレーン3階展示場

出展者:

間狩 純平
古藤 好視
西田 大祐
三村 紀人
大渕 勲
杉田 匠
篠崎 暁生
松崎 猛
宮前 敏行
後藤 渓
古上 正時
南 勝博
吉川 英治
松田 菊男
藤原 弘登
柳田 星至
冨士川 俊
小嶋 大輔

内容:

ナイフ及びナイフ用材料、その他小物等の展示販売と、
ナイフを使用したカッティング競技、ISSチャレンジの実施。
成績優秀者に賞品贈呈を予定。

公式Webサイト:

博多ナイフショー2018 公式サイト

ぜひご来場ください!