ナイフのハンドル材を交換する(ESEE KNIVES)


ブッシュクラフト界隈で人気のESEE KNIVESのESEE Camp-Lore Gibson JG3(3.5″ Stonewash)というモデルのハンドル材交換の依頼をいただきました。ということで工程をご紹介していきます。このナイフのマイカルタをエボナイト・リアルブラックに交換していきますね。

まずボルトをバラします。ネジ止めだったので簡単にハンドル材を外すことができました。開いてみると一つ問題があって、空いているボルト穴は7mmでうちのシュナイダーボルトには合わないことがわかりました。

 

そこで、穴をあけ直すために元々の穴に真鍮の棒を突っ込んでハンマーでカシメます。カシマッて盛り上がったところはヤスリなどで削り落として平面を出します。

 

しっかりカシまればこのように穴をあけても大丈夫。ということで5mmの穴をあけました。これで7×5のシュナイダーボルトを通すことができるようになりました。

 

次にハンドルに穴をあけていきます。
現物合わせで穴を開けるため、このようにバイスでしっかり止めた状態で穴あけを行います。

 

左右のハンドルに穴があきました。

 

ハンドルのケガキ線に沿ってザックリと外形を削り出します。

 

次にハンドル前面の位置合わせを行います。左右のハンドルがずれないように固定しなくてはいけません。今回はその場にあった5mmのドリル2本を通して固定しました。

 

端部を削って形を整えます。このようにすれば左右のハンドルの長さや形を完璧に合わせることができます。

 

この部分(ハンドルの前面)はナイフに取り付けてしまうと後から磨いたりすることができないので先に仕上げておきます。ピカピカになりました。

 

いよいよハンドル材を接着します。接着剤の乗りが良くなるように軽く耐水ペーパーを使って表面を粗しておきます。

 

さっきの5mmのドリルを使って位置がずれないようにしつつ接着します。片側ずつ接着したら外形を削りブレードの形に整形します。

 

これで外形研削は完了です。あとはシェイプを削り出していきます。ここからが一番楽しいところですね!

 

外形をほぼ90%くらいの完成度になるまで削っていきます。これでほぼ完成が見えてきました。

 

段付きドリルを使ってボルト用の段付きの穴をあけます。ハンドルの厚みと削り代を計算して段付きドリルの深さを決めます。シュナイダーボルトの足の長さも調整します。

 

ボルトと一緒にひも穴パイプを入れます。下図のように飛び出てる部分は弓鋸で切断します。その後、ボルト部分を削りハンドル材と高さを合わせつつ最終的な形状に削っていきます。

 

ほぼほぼ完成状態になりました。まだちょっと削り跡が深いのと、ハンドルのお腹部分が厚ぼったい状態です。

 

細かな部分はヤスリで調整していきます。

 

あらかた完成に近づいてきたら、あとは耐水ペーパーで番手を上げつつシコシコと磨いていきます。靴磨きの要領でやっていくと良い丸みがでます。ただし細かい番手のペーパーで長時間研磨すると、ボルトとハンドルに段差ができてしまうので注意します。

 

最後は研磨剤をつかって磨き上げたら完成。
元のハンドル材と比べたらものすごく高級感がでました。

 

ハンドルはラブレスを意識したコークボトル型で、ゆるやかな凹凸ができるようにしました。

 

ということで、今回はハンドル交換の手順をご紹介しました。このあとカイデックスシースも作ったので、そちらの手順もこんど紹介していきます。

 


ナイフハンドル交換の作業工程を紹介します


お客様からの依頼でナイフハンドルを交換して付け替えることになりました。
ということでハンドル交換の作業工程などをご紹介していきます。
件のナイフはこちら。もともとはパラコード巻のハンドルだったそうですが、街の包丁屋さんにハンドルを頼んで付け替えたそうです。

 

まずはボルトを取り外します。ボルトの中心にポンチを打って、そこにドリルで穴をあけて徐々に広げていきます。

 

ボルトが壊れたらピンポンチなどで抜いて、ハンドルを剥がします。
剥がしてみて分かったのですが、スペーサーだと思っていた部分は両面テープでした。

 

ブレードにあいた穴径は8mmで、Matrix-AIDAで取り扱っているファスニングボルトではちょうどよい径のものがありません。そこで、穴を真鍮棒で埋めることにしました。

 

穴径よりもちょっと太めの角棒を少し削って頭が入るようにします。

 

真鍮をハンマーで叩いてカシめていきます。表裏どちらも膨らんで抜けないようになるまで叩きます。

 

真鍮で埋まったら、盛り上がっている部分を削ります。これでボルト穴をあけられるようになりました。

 

ボルト用に円の中心にポンチを打ちます。

 

ボルト用の穴をあけます。ガッチリとカシまっているので、穴を開けるてもビクともしません。

 

ベベルストッパーを利用してハンドルに穴をあけます。
両側のハンドルに穴を開けたら、先にハンドルの先端部分を合わせて加工します。

 

ハンドル前面の加工が終わったら、穴がずれないように接着します。

 

写真だと見えないけど、ハンドルがずれないように2本のピンを穴に入れた状態で接着しています。

 

両側を貼り付けて外形を削った状態。

 

ボルトの段付き穴をあける前に、大まかなハンドル形状まで削ります。

 

ハンドル形状が決まったら、段付きドリルで座繰り穴をあけます。

 

ボルトを締め込んで、不要な部分は弓鋸で切り落とします。

このあと、ベルトの番手を上げながらハンドルのキズ消しを繰り返して仕上げ状態に持って行きます。

 

最後にバフを掛けて完成したのがこちら。

 

緩やかなコークボトルラインのハンドルを心がけました。

 

重量バランスを重視するお客様だったので、ハンドルの端部に重心が来るように意識しました。

元々のシースとはハンドルのサイズが変わってしまったので、シースの内側に鮫皮を貼ってシースのホールドテンションを調整しました。

 

ということで、ハンドルの交換が完了しました。
今回やった真鍮での穴埋めは、色んな場面で応用できる技なのでぜひお試し下さい!