今日、ひとりのお客様がフラッとお店に寄ってくれました。すごく楽しんでナイフを作っている方で、これまで作ったナイフの写真を見せてもらいながら楽しい話をたくさんしました。その時にした話のひとつががすごく印象に残って、思うところあったのでここに記します。

ナイフ作り

ナイフ作りの何がおもしろい?

「ナイフ作りの何がおもしろいの?」と友人に聞かれたとき、その人はこう答えるんだそうです。
 
「全部が楽しい」
 
 
すごく単純明快な答えですが、その真意は”ナイフ作りに関わるあらゆる工程が面白い”ということ。
具体的に言えば、ナイフ作りはおおまかに下のような工程にわけられます。
1.デザイン
2.金属加工
3.木工
4.レザークラフト
5.刃付け
6.完成したものを使ってみる
7.それをまた研いで
8.たまに酒でも飲みながら愛でる

「ナイフ作りには様々工程があって、この一連の作業すべてが楽しい。こんな楽しい趣味は他にはない」というのがこの人の答えです。

まさに言い得て妙。これを聞いた僕は、まさに眼から鱗でした。
僕はナイフ作りってものをいつの間にやら小難しく考えてしまっていました。
せっかく作るなら綺麗じゃなくちゃダメとか、あわよくば売ってやろうとか、そういう小賢しいことばかり考えてました。そんなことより今作っているものを、あるいはナイフ作りにチャレンジしてみようと思った「初心」を大切にして、楽しんで作っていけばいいじゃないか、そう思いました。

誰もがナイフ作りをはじめた時の根底にある「自分が思い描いたものを作ってみたい」「自分が作ったものを使ってみたい」「自分でも作れるんじゃないか」、そんな好奇心を大切に育てていくことが大事なんじゃないかな、と改めて思いました。

 
 
 
あなただったら誰かにこう聞かれたら一体どう答えますか?
 
 
「ナイフ作りの何がおもしろいの?」
 
 
 


2 thoughts on “「ナイフ作りの何がおもしろいの?」に対する答え

  1. SATOH より:

    こんばんは。

    今日お邪魔したSATOHです。

    ナイフ作りは火傷はする、一歩間違えば怪我をするけど楽しいですね。
    といっても10年ナイフから離れていましたけど。。。

    10年ぶりにナイフを取り出したついでにブログにアップしています。携帯ブログで見にくいとは思いますが、宜しければご覧下さい。
    鉈もアップしています(自作ナイフ編)。

    最後になりましたが、社長にも宜しくお伝え下さい。

    1. knifekozo より:

      今日はご来店ありがとうございました。
      ぜひまたコーヒーでも飲みに来て下さい。
      ブログも拝見させていただきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です