遠方のお客様のオーダーで、ご本人がデザインしたナイフブランクを作りました。
ナイフブランクとは、鋼材の外形を削りだした状態のもののことです。
機械・工具が揃っていないと、鋼材をナイフの形に削りだすのも大変な作業です。

今回作ったのはナロータングのタイプです。
まずは肝になるヒルト部分とタング部分をフライス盤を使って削ります。
photoq
 
次に大雑把に外形をバンドソーを使って切り出します。
photow
 
バーキングを使って削りだしたら、ブランクは完成です。
photor
 
ヒルトの制作依頼もあったので、これもフライス盤を使って穴あきヒルトを作ります。
少しキツめに作って、叩きこむようにして合わせます。ヒルトの穴はエンドミルで作業をするため楕円形になるのです。
photot
 
といった感じで、図面通りにブランクが完成しました。
自宅でここまでやるのにはかなりの労力と時間を使わねばなりませんが、このように機械・工具が必要で大変な作業は人に頼んでしまえば、楽しいブレード研削からナイフ作りを楽しむことができます。こういうのもひとつのナイフメーキングの楽しみ方のひとつですね。
photoy

 
 
実際、ここまでやるとナイフを完成まで作りたくなるのが人情ですが、そこはグッとこらえてこの状態でお客様に納品です。きっと立派なナイフになってくれることでしょう!このナイフとの再会を楽しみにしています。
 
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です