第36回JKGナイフショーは大成功のうちに終了しました。
さて今回もナイフショーで見つけた素晴らしいナイフをご紹介していきます。

渡辺隆之さん

R.W.Lovelessの人気モデルニューヨークスペシャルのコピーとフォールディングナイフにアレンジしたものを素晴らしい品質の象牙ハンドルで製作されていました。上品でありながらも遊び心が感じられます。
2015_JKGナイフショー009
 

築地正晴さん

弥生土器風のハンドル、シースはひと目で築地正晴さんの作品だとわかってしまいます。緻密な計算の上で彫られた模様は圧倒的な存在感です。ブレードはD-2を黒染めしたもの。これもハンドルと調和が取れていて素晴らしいのですが、別の染め方や加工方法、素材選定など、まだまだ改良が加えられていくとのこと。楽しみです。
2015_JKGナイフショー011

2015_JKGナイフショー012
 

重野守さん

日本のショーにはなかなか顔を出しませんが、JKGナイフショーには必ず出展されています。
主要なナイフはすてアメリカ市場に流れていってしまうようです。
重野さんのイメージはダブルグラインドのファイターやブーツナイフを製作している印象が多いのですが、このドロップハンターはデザインも仕上がりもいい!
2015_JKGナイフショー013
 

山本宣弘さん

一見インテグラルドロップハンターですが、ヒルトとエンドボルスターで構成されています。インテグラルはその加工の難しさから高価になりがちですが、こういった顧客に寄り添うアイデアも素晴らしいですね。
2015_JKGナイフショー014

2015_JKGナイフショー015
 

松﨑猛さん

驚くなかれ、このフィックスド・ナイフに見えるドロップハンターは、実はフォールディングナイフなのです!
遊び心満載のR.W.Lovelessフォルダーです。
2015_JKGナイフショー017

2015_JKGナイフショー018

ロックバーが割れている珍しいロックを採用しています。古くからあるロックなんだそうですが加工は面倒くさくて大変なんだとか。
2015_JKGナイフショー019
 

坂内好夫さん

最近はアトランタに参加されていないので受賞がなく残念ですが、このミニチュアを見る限りまだまだ現役!
アップで撮るともはや普通のナイフですねwすごすぎる。
2015_JKGナイフショー020

2015_JKGナイフショー021

2015_JKGナイフショー023
 

九鬼隆一さん

独特の世界観でユニークナイフを作り続ける九鬼隆一さんの最新作は、ご本人曰く「和洋折衷」のこのタントー風ナイフです。
シルエットは日本風でありながらテイストは洋風のナイフというもの。シースも特別誂えです。
2015_JKGナイフショー027
 

永田征雄さん

アーティスティックなオリジナルデザインのフォールダーですが、動きは軽快な永田さんのナイフ。ハンドルの素材などもこだわりぬいて選定しているだけあって象牙やスタッグなど良い物ばかり。
2015_JKGナイフショー030

2015_JKGナイフショー031
 

成恒正人さん

ニューヨークスペシャルには珍しい、おそらくデッドストック品のキャンバスマイカルタがついていました。雰囲気がめちゃくちゃ良かった!
2015_JKGナイフショー033
「ラブレス完全読本」に掲載されていたアップ・スウェプト・スキナーのレプリカ。スタッグもものすごいいいものがついてました。うーん名品!

2015_JKGナイフショー034

 

黒沢次男さん

相変わらずのおもしろナイフの安定感。みているだけで楽しくなってしまうのが黒沢さんのテーブルですね!
2015_JKGナイフショー035

2015_JKGナイフショー036
 
 
 
レビューは次回に続きます。
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です