お客様が先端を欠けさせてしまったAL MARのフォールディングナイフ。
お預かりしてリグラインドすることになりました。

気持ちいいくらいに先端がポキっと折れてしまっています。
こういう場合は全体のバランスを崩さぬようにブレードバック(背中側)の方から削り、帳尻を合わせていくしかなさそうです。あまり急激に角度を変えるとブレードの見た目がおかしくなってしまうので慎重にやらねばなりません。なぜならこのナイフ、AL MARのサイン入りなのです(汗)

覚悟を決めてしまえばあとはやるだけ。
えいやっと削ったら何とかうまくまとまりました。ついでに刃付けもし直して無事修理完了です。

違和感なくまとまって一安心!
全体のシルエットもオリジナルとほぼ変わらぬ感じに出来ました!

今回のポイントはエッジ側ではなくブレードバック側を削って調整したところ。
エッジ側の円弧の形状や角度が変わると使いにくくなる場合があるので削る際は細心の注意が必要になります。今回は特にエッジ側をいじる必要がなかったのでシルエットが大きく変わらなかったというわけです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です