Fielderの最新号が発売になりました。 今回の特集は「自給自足技法」ということで、野営をする際の寝床作りから食料の調達、焚火の技術指南など、ソロキャンパーにはありがたい情報が盛りだくさんの内容になっています。   特に「野営道[…]

ソロキャンパーは必見の焚火と寝床特集です。 テントをサラッと張るなんて軟弱なことはせず、木とブルーシートとロープで寝床を作ろうというとてもハードな野営方法が紹介されています。「おしゃれなキャンプなんていらねえ!」不便こそが贅沢だというキャン[…]

今月号のBE-PALはタイトルの通り「賢者のナイフ入門」と銘打って、さまざまなファクトリーナイフやその使用例などが紹介されています。   入門編ということもあり、買いやすいファクトリーナイフが紙面のほとんどを飾っていますが、その片[…]

Fielderを発行している笠倉出版社さんから「工具読本 vol.6」という雑誌が発売になりました。男の基本装備という特集で、ドライバーからツールボックスまで様々な工具が紹介されていて参考になります。これを一読してから大型ホームセンターに行[…]

一般的な大衆雑誌とはその主張が一線を画すハードコアなアウトドア雑誌「Fielder」。その最新号が発売になっています。   今回も野生美食倶楽部と題して、虫やらすっぽんやら野草を食べまくっていたり、ヌートリアという大きなネズミを食[…]

サバイバル登山家、服部文祥氏の「獲物山」という本があります。服部氏の単独猟の様子や彼の哲学をふんだんに楽しめる読みごたえのある、アウトドアやドキュメンタリー好きにはおすすめの一冊です。 そんな獲物山のトークイベントが行われる際に、来場者プレ[…]

前号で大好評だった「鹿一頭を解体できる最も小さなナイフ」というテーマの企画第二弾が掲載されたFielderの最新号が発売になりました! 今回は相田義人、中根祥文氏、奈良定守氏、渡辺隆之氏の4名のナイフメーカーがエントリーされています。 テー[…]

野生の食料を調達するなどハードなアウトドア企画を推し進める異端の雑誌「Fielder」で、編集長によるナイフメーキング製作レポートが始まりました。 野生の動物を食べまくる Fielderはハードな体験記事が多く、ナイフ以外の記事も読んでいて[…]