ナイフマガジン2013年10月号


ナイフマガジンの最新号が発売になりました!
今回は、特にお得感いっぱいの一冊でした。

今回の特集記事はラブレス・サブヒルト・ファイター。この記事が秀逸でした。
ラブレス嫌いであったという本稿の著者、長谷川朋之さんによるラブレスナイフの特集です。
「僕はラブレスナイフが嫌いだった」という衝撃的な書き出しからはじまるこの記事。
ラブレスに傾倒していないからこそ見える、ラブレスの凄み、そういったものが伝わるような文章でした。

前に進み続けた巨匠

今号の紙面は、ラブレスファイターの貴重なコレクションで華やかに彩られています。
年代別にラブレスの作品を見比べ、ラブレスの試行錯誤を垣間見ることができます。
例えば、この1990年代のものと2002年のものとを並べた貴重な写真。
サブヒルトの位置を変更していたり、ヒデゥン・ボルトに変えていたり、細かな変更点をつぶさに確認することができます。詳細を知りたい方はぜひ、このKNiFE (ナイフ) マガジン 2013年 10月号を買って、穴が空くほど見てくださいね。
ナイフマガジン2013年10月号

ほかにも、本来なら門外不出であろう、ラブレスの失敗作の写真。
ナイフマガジン2013年10月号

ハンドルのシルエット写真など。
ラブレス好きではなくとも、勉強になるような貴重な写真ばかり。
ナイフマガジン2013年10月号

ブログには掲載しませんが、サブヒルト・ファイターの初号モデルなんて初めてみました。
ぜひ、KNiFE (ナイフ) マガジン 2013年 10月号を買って、その目で確かめてみてください。
きっと新たな発見があるはずです。

その他の主な目次

・New Discovery! ラブレス”サブヒルト”ファイター
・ダン・デラヴァン・コレクション
・鈴木伸明「均」シリーズ登場
・日本鍛冶紀行 鍛冶屋民泊
・2013夏 銀座ブレードショー
・カスタムナイフメーカー 成恒正人
・浦邊謙三作 ”トラッカー”
・まな板作りの現場を訪ねて
・野に生きる 不思議な山の話
ほか

 
 
 


“ナイフマガジン2013年10月号” への2件の返信

  1. 多分初めましてだと思います。
    ナイフ小僧さんが昔から居る方なら初めましてじゃないですが…

    ナイフから離れて約10年が経ち、ラブレスさんが亡くなったのも最近知りました。

    完成品のブレードに、ATS34とマジック書きが残ったものを見たことがあります。悩んだ挙げ句買わなかったんですけどね。

    1. SATOHさん。
      コメントありがとうございます。
      おそらくはじめましてです。
      そのナイフはどこにいったんでしょうね!見てみたかったです。
      JKGナイフショーなどもいまだにやっていますので、良かったらぜひまたショーなどに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です