さりげないセレーションエッジ


お客様が新たに作ったナイフを見せてもらいました。
スタッグが美しくかっこいい普通のハンティングナイフと思いきや・・・

 

ブレードを近くで見てみると、先端の方は普通のエッジですが、ストレート部分は細かいセレーションエッジになっています。ギザギザの刃はのこぎりのようになっていて繊維質のものなどを切るときに便利です。

このセレーションは一番ピッチの小さいチェッカリングヤスリを使って削り出したそう。

もちろん研ぎ減っていくうちにこのセレーションエッジはなくなっていってしまいますが、しばらくは活躍してくれそうです。実はこのセレーションエッジのアイデアは過去に相田義人も作ったことがあり、その時のナイフの切れ味は抜群だったそうです。

このナイフは、このブログによく登場する富岡さんというホビーナイフメーカー方の作品でした。
一見誰でも簡単にできそうですが、ブレードを薄く削りこんで小刃をできるだけ狭くしないとセレーションが目立ってしまいます。遠目で見るとセレーションがあることに気づかないように仕上げる技術はさすがベテラン。さりげない主張に魅力を感じるナイフでした。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です