ペティナイフをキャンプで使うためのレザーシース


キャンプに包丁やペティナイフを持って行く機会は結構あると思いますが、現場で使っているとついついどこかに置き忘れてしまったり、うっかりテーブルの端においてしまって駆け回っている子どもたちがぶつかりそうになってヒヤリみたいなことってありますよね。

そんな危険を回避するには専用のシースを作っておくのが一番です。両手を使いたいときはサッとナイフをしまってスマートに作業をすすめることができますし、「あれ?ナイフどこ置いたっけ?」みたいなこともなくなります。ということで、今回はペティナイフ用シースを作ってみました。

今回モデルとなったナイフはMatrix-AIDAのお客様が製作したものです。このシースの製作にあたっては、以前、奈良定守さんの作っていたペティナイフシースをお手本にして、ループのアイデアはオリジナルで製作しました。

ペティナイフなどのようにヒルトみたいな出っ張りのない刃物のシースは、飛び出し防止のためにベルトループが必要になります。一方で、このループはナイフを抜き差しするときについつい切ってしまったり、いちいちホックを外すのが面倒くさいもの。そこで今回僕が考えたのは、ループの両側をホックにする方法です。

こっちが裏側。

 

料理をしていて頻繁にナイフを抜き差しするときなどは、ループを完全に外すか、下の写真のように片側を外してちょいとループを引っ掛けておくことができます。いちいちボタンを留めたり外したりしなくて良くて便利な構造になっています。

キャンプ用にハンティングナイフのようなものではなく、包丁やペティナイフなどを持っていく際には、あなたもこんなシースを作っていってみてはいかがでしょうか。シースだけでも自作すれば愛着も湧いて、さらにキャンプが楽しくなりますよー。

 

 


カイデックスと合皮を融合させた強者がいる

カイデックスベースの合皮シース

前回の記事、ヘチマでナイフのハンドルを作った強者がいるに続く、強者ネタです。

このヘチマハンドルを完成させた人物、カイデックスと合皮でできたシースも作っていました。
どういうものかというと、これ。
カイデックスベースの合皮シース

カイデックスの両面に合皮を貼り合わせています。
だからシース内部は合皮。一見するとカイデックスを使用しているとは思えない感じ。
合皮シース

そして、コバはカイデックスの地が見えるといった感じです。
デザイン性が高く、配色もおしゃれです。
コバ

この方法を使えば、街で見かける様々な種類の薄い合皮素材を使うことができるようになります。
ヘビやワニなどは本来であれば高価なものですが、合皮ならば簡単に安価で手に入りますよね。
このやり方さえマスターすれば、あなたのシースデザインの可能性が広がるかもしれません。

じゃあ、どうやって作るのか?本人にやり方を聞いてみました。
“カイデックスと合皮を融合させた強者がいる” の続きを読む