コンシールドタングの加工のお手伝い


コンシールドタングとは

コンシールドタング(concealed tang)とはヒドゥンタング(hidden tang)とも呼ばれ、タング部分を隠した構造のナイフのことを言います。いわゆるナロータングと呼ばれるものもその中に含まれます。

日本では主に図のようにタングを2枚の溝加工をしたハンドル材で挟む方法のことをコンシールドタングと呼んでいます。メリットとして、鋼材の節約ができること、軽量化できること、炭素鋼などを使う場合にはタング部分の錆防止効果などがあげられます。一方、デメリットとして、ハンドルの溝加工という面倒な作業が必要になります。コンシールドタング図
ハンドル材が木材など加工しやすい素材の場合は、ボール盤で穴をたくさんあけ、彫刻刀やヤスリなどを駆使して溝を彫るのですが、硬い材料などはフライス盤を使用するのが適切です。ただ、フライス盤を使用できる環境というのはなかなか構築しづらいもの。

ということで、今回はそのハンドルの溝加工のお手伝いをさせてもらいました。

作業工程

ハンドル材を切ります。寸法を測り、まずは大まかに二等分にします。

ハンドル材のサイズをそろえます。フライスで加工する場合は加工の部位を寸法で追っていくので端部のサイズをそろえる必要があります。

 

ぴったりそろいました。

 

今回のナイフは左右のタングの角度が異なるので、それに合わせてフライス盤で削っていきます。当然ながら、溝の深さはタングの二分の一です。

 

ぴったり寸法通りハマりました。気持ちいい!
ただ、たいていの場合はピンやボルトで固定するので多少の隙間ができても問題ありません。しかしながら、もちろんヒルトとの接地面などは隙間なく加工しておく必要はあります。

slooProImg_20160917175635.jpg

左右のハンドルで同じ作業を繰り返し、完成です。
ボルト穴をあけて、作者の元にナイフを返却しました。

slooProImg_20160917175634.jpg

上記のように、フライス盤で寸法に合わせて作業すれば比較的簡単に加工できます。
必要であれば加工のお手伝いもしますので、Matrix-AIDAまでお気軽にご相談ください。

 

 


あとからヒルトをつくる


フィクスド・ブレード(シースナイフ)をつくる際に、ヒルトをなくしてしまったり、熱処理前にヒルトを作っている暇がないときありますよね。そういうときにヒルトをあとから作る方法があります。
過去にこちらの記事で絵で紹介したことがありますので、記憶のある方もいるかもしれません。

要はこのやり方でやれば、穴と溝さえあれば、あとからでもヒルトをうまく作ることが出来ます。
blog_import_517615a7a11fd
今回は、お客さまから、ほぼ完成したブレードに合わせてヒルトを作ってくれというオーダーをいただきました。今回の方法は、上の絵とはちょっぴり工程が異なりますが、作業記録をご紹介します。

 

まずお客様から届いたのはこの剣鉈のようなナイフ。
ヒルト溝と穴はあいてます。残念ながら溝の寸法はテキトウでした。

 

まずは、あけられた溝にヒルトの幅を合わせます。フライス盤で作業しました。

 

ヒルトの割れ目の深さを決めてケガきます。ダイケムってとっても見やすいですね!

 

0.5mm程度の深さでケガキ線まで削っていきます。

 

瞬間接着剤を2滴ほど垂らします。(写真はたっぷりつけてしまった悪い例ですwこの後はがすの大変でしたw)

 

溝に合わせて貼り付けます。

 

あらかじめブレード側にあいていた穴をガイドにして穴をあけます。

 

つづいてヒルトを割っていきます。なんやかんや色々計算してますねw

 

横フライスで削っていきます。

 

出来ました。最初に削った0.5mm分の加工とヒルトの溝の高さが一致しているところがミソです。

 

はめてみました。穴位置ピッタリ。
上部に少し開きがありますが、これはブレード側に平面が出ていないためにできてしまったものなので、ご愛嬌ということでご理解下さい。

このあと、このお客様からは無事完成したというメッセージとともに完成品の写真を送っていただきました。なんとか役に立ててよかったー。

ということで、こんな風にやり方さえわかればヒルトをあとから作り直したり、ヒルトの工程を先にとばして熱処理だけとりあえずやっておくことなどもできます。

普通のやり方でナイフを作る人には縁のない技法ですが、万が一のときには役に立つのでそのときはこの記事を検索でもして下さいね。