カイデックスシースやホルスターを作るときの問題点として、削りカスが内部に残っていて、ワークに付着したり、傷をつけてしまったりすることがありますよね。

完成した時に一度水で洗い流してみるものの、細かいカスはいつまでもまとわりつくような感じで、完全に取り除くのが案外難しい。カシメなどではめ殺しするタイプのものだと、奥のゴミをティッシュとかウエスでふき取ろうとすると、もっと奥に入りこんでしまうことも。

で、その解決方法をいろいろと考えてたんですが、ある時、簡単に削りカスを取り除く方法を考えついたのでシェアします。

削りカスを簡単に取り除く簡単な方法

結論から言うと「洗剤(界面活性剤)を入れた水で洗う。」です。
桶の中に適量の水と市販の洗剤を少々入れて混合液を作り、そのなかでカイデックスをジャブジャブ洗う、ただそれだけです。


水で洗うだけでは落ち切らなかったものが、洗剤を混ぜた液だと面白いほど簡単に流れ落ちていきます。

軽く桶の中でジャブジャブした後の桶の底がこれ。細かいカスがたまっているのがわかります。水だけだと表面張力で浮いてしまい、せっかくジャブジャブして綺麗にしたのにまたカイデックスの表面にまとわりついてきたりしますが、この洗剤液ならばそんなことはありません。

この方法で洗浄をするようになってから、内部のカスも綺麗に落ちるようになって、ワークに傷がつく問題がかなり改善されるようになりました。

コストもかからず簡単にできて、しかも結果も上々です。大切なワークを守るためにも、ぜひお試しください。

ちなみに、上の写真で作ってたのはプロトラクターとミリタリーコンパス専用のカイデックスケースです。受注生産してますので、興味のある方はMatrix-AIDAまでご連絡ください。

それでは、楽しいKydexライフを一緒に楽しみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です