フライスでハンドル部分はきれいに削れましたので、
続いてはバーキングで、ざざざっと外形を取っていきます。
ナイフ小僧のブログ-外形削り出し
このナイフ、なかなか曲者でナイフの背の部分がゆるーく湾曲しているんです。
苦戦をしつつ削っていきます。
失敗しそうな怪しい部分はバーキングのスピードをちょっと遅くして作業します。
バーキングはこういうところが便利ですね。
なんとかきれいに削りだしができました。(師匠に怒られながらも)
ここまできたら次はヒルト作成です。
ヒルトをぱぱっと切って、
ナイフ小僧のブログ-ヒルト切断
加工!
ナイフ小僧のブログ-加工!
ピン位置をケガいて決めます。
ナイフ小僧のブログ-ヒルト罫書
そして、カシメピン用の穴をあけます。(φ2mm)
↓バイスグリップが活躍していますよ。
ナイフ小僧のブログ-カシメ穴あけ
今日はここまでです。
つづく。
ありがとうございました。


2 thoughts on “ハーフタングのナイフを作る③

  1. たーさん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    楽しそうですね!
    やりたいけど アパートを おいだされそうだから…
     がんばってください!

  2. ナイフ小僧 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >たーさんさん
    なかなか音は難敵ですね↓
    うちに来るお客様は、昼間の時間を活用したり、公園の片隅を使ったりして工夫して作ってます!
    たーさんさんもいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です