これがアトランタ最後のレポートです。
最後は雑多に紹介していきます。

ランドール コレクターテーブル

ランドールファンにとってBlade showは天国です。これほどありとあらゆるランドールのコレクションを目の当たりにすることが出来る場所はここ以外には考えられません。ランドールのナイフはデザインは古くとも、男心に訴えかけるような、カッコよさがあります。特に1940~50年代のビンテージものは、たまらない味わいがありますね。

IMG_0989

IMG_0990

IMG_0991

IMG_0992

IMG_0993

IMG_0994

IMG_0995

IMG_0996

IMG_1003

IMG_1004

ランドールのシース作家

ランドールのシースをリメイクしている人がいました!
個人の作家なんですが、オイルストーンの入るあのランドールのシースを大量に作っていました。
IMG_0906

カイデックスシース作家

思いついたらやってみよう!という感じのカイデックスシース屋さん。こんなに作っちゃって・・・
シースの作りはかなり大味ですが、なにか強い勢いを感じました。
IMG_0797

IMG_0798

IMG_0800

小物類

タクティカル・フォルダーを作っているメーカーに多かったのが、チタンやステンレスの素材で作った小物類。キーホルダー、レンチ、栓抜きなど、様々な用途で使えて便利そうでした。お土産感覚で帰る値段設定ということもあってか、かなり売れていました。
IMG_0743

IMG_0923

TISURVIVAL

あらゆるチタン製品を色染めして販売していました。かなりの人気で人が溢れていました。
IMG_0980

IMG_0981

IMG_0982

その他いろいろ

Caseは毎年、綺麗なショップのように展示しています。

IMG_0886
IMG_0885

Buckのコレクターはまるで博物館のような展示をしています。
IMG_0997

飛び出しナイフばかりを集めてるコレクターがいたりもします。
IMG_1005
会場があまりにも大きすぎて、紹介できなかったブースもたくさんあり、まだまだ見どころがいっぱいあります。8回にわたってカスタムメイドのナイフをメインでお伝えしましたが、ゼロ・トレランスやマイクロテック、BUSSE Knife、その他の新進ののファクトリーナイフのブースも充実していて、好きな人にとっては財布の中身がいくらあっても足りないような、夢のような環境です。

会場内はナイフメーカーとお客さんのエネルギーがぶつかり合って、熱気で溢れかえっているようでした。この記事を通して、その温度を少しでも感じてもらえて、あわよくばナイフの楽しさを再確認したり、新しいアイデア誕生の一助になれば幸せです。長々とお付き合いいただいてありがとうございました。
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です