いよいよ第7弾です。いろんな面白いものなどをアラカルトでご紹介します。

MT Knives LLC

安価でシンプルな作りのシースナイフ。ファンシーな色使いが目を引きました。
IMG_0963

Zonbie tools

来るべきアポカリプスに備えるというコンセプトの、なんというかはっきり言うと武器屋です。
海外ドラマのウォーキング・デッドが大好きな僕は、かなりホルホルしましたw
IMG_0781

IMG_0782

IMG_0783

ZIEBA

ニューヨークの包丁屋さん。スタイリッシュな包丁でカッコ良かった。そして、どことなく都会的な感じがする!

IMG_0804

IMG_0805

Three circle knives

シースナイフにクリップを付けるというアイデア。シースの構造に一工夫があって、ポケットから抜き出すときに素早くナイフだけを取り出せるようになっています。
IMG_0806

Billy Mace Imel

なんでもインテグラルで作っちゃう人です。
ハチェットとかダガーとか、テーブルに乗っているものすべてインテグラル(一つの鋼材から削り出した構造)でした。
IMG_0814

IMG_0815

IMG_0816

Karambit.com

結構大きなブースを出していた、カランビットナイフばかりを扱う業者。
IMG_1051

IMG_1052

IMG_1053

IMG_1054

Jerry Hosson

カランビットつながり。この人はカスタムメーカーで、かなり丁寧な作りでした。
ハンドルの構造は彼のオリジナル。コンシールドタングにして、ハンドルに穴をあけるようにしていました。こうすることで、素材の鋼材のサイズを節約することが出来ますね。シースの出来栄えも良かった!
IMG_0945

IMG_0946

IMG_0947

TW Brands Gear

G-10をナイフにしたやつ。去年は小さいブースで出てたのですが、今年は出世して大きなブースを構えていました。
ただ、ものは切れないだろうなというエッジでしたね。
IMG_1058

IMG_1059

Koi Knifeworks

合気道をやっていたというメーカーさんで、どことなく日本的な雰囲気のナイフを作っていました。
アート・ナイフのような感じです。このナイフの裏側の模様はエッチングで入れたそうです。
IMG_1055

IMG_1056

斧屋

日本のナイフショーでは考えられない斧ばかり作っている斧屋さんも出展していました。
IMG_0984

IMG_0983

このような感じで、日本のナイフショーでは考えられないようなアイデアや面白いことをやってる人がたくさんいて、そういった人たちを見つけるのもまたブレードショーの楽しみ方の一つなのかもしれませんね。

 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です