さすが世界最大のナイフショーです。なかなかレビューも終わりません。
ということで今回もアトランタ・ブレードショーのレビューを続けていきます。

Grace Horne

イギリス・シェフィールド在住の女性のナイフメーカー。
Best Knife CollaborationとBest of the Restの2冠を獲得していました。
すごく繊細な細工のハサミやナイフたち。これほど芸術的なものになると、ナイフは道具としてだけではなくインテリアとしても有能であることがわかります。

IMG_0753

IMG_0755

IMG_0756

William Tuch

ハンドルに美しいカービングを施しているのはWilliam Tuch。ほんの僅かな機械工具しかなく、そのほとんどはヤスリで作りこんでいるというから驚きです。彼は今年、Best Art Knife を獲得しました。

IMG_0823

IMG_0824

Mario Marcella

石のナイフはアメリカにもありました!
このMarioさんの作品は、複数の石を組み合わせてブレードやハンドルを作っています。驚くべき技術!
IMG_0914

IMG_0915

IMG_0916

IMG_0917

Steven Rapp

Best Fixed Bladeを獲得したのがこの気品高いダガー。彫刻も緻密で細かい仕上がりでした。イングレーバーはJulie Warenski。
IMG_0949

IMG_0950

Curt Erickson

こちらもJulie Warenskiが彫刻を施したこの素晴らしいナイフ。
特にこの彫刻は銀のボールをインレイするという新しいアイデアを形にしたもの。
ナイフの持つラインも複雑な曲線を見事に調和させた、まさに芸術品です。
IMG_0955

IMG_0958

IMG_0959

IMG_0960

Knife Legends.com

これはちょっと恐れ多くて触ることも詳細を聞くことも出来なかったのですが、Knife Legends.comの恐るべきコレクションたち。
IMG_0866

IMG_0869

IMG_0868

IMG_0867

 
 
 
技術、デザイン、アイデア、すべてにおいて圧倒的に高いレベルでの競演。こういうレベルのナイフがゴロゴロしているのが世界最大のナイフショーの面白いところです。
 
 
 


2 thoughts on “アトランタ・ブレードショー 2015 レビュー6

  1. 染谷繁幸  より:

    某ゲームに登場するようなハサミ(カリバス)みたいです。

    1. knifekozo より:

      ちょっとわからないけど、ファンタジー系ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です