ちょっと前の話になりますが、コンバットマガジン2015年10月号が発売になりました。

今回の特集はエングレーバーの星山文隆さんです。
自分で作ったナイフに彫刻を施した作品が多数掲載されています。
記事によれば、通常のシースナイフなら2万円から彫刻してくれるそうです。

 

ナイフだけでなく、トイガンなどにも彫刻しているそうです。

 

奇しくも星山さんが来店して、自作して彫りを入れた杖を見せてくれました。
トップの彫刻には金象嵌が施されていました。

ということで、気になった方はぜひコンバットマガジンをチェックしてみてくださいね。

 
余談ですが、ナイフマガジンのページ減らされてましたね(5ページぐらいになってた)。・・・ちょっと心配です。

 
 


2 thoughts on “コンバットマガジン2015年10月号

  1. 染谷繁幸 より:

    クルマのシフトノブに彫ってもらえたらすごカッコ良さそうです。

    1. knifekozo より:

      染谷様

      そのアイデアいいですね!今度、提案してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です