日本で最もハードコアなナイフショー、L.E.M.S.S(レムス)BLADE Conferenceが今年も開催されます。
SAKURA BLADE SHOWもなかなかコアなナイフショーですが、タクティカルテイストが強く、ショーの趣旨に賛同したナイフメーカー4名だけが出展するというかなりユニークなシステムです。

ナイフメーカーによる対談、カンファレンスが行われます

カンファレンス(会議)というショーの名前の通り、ショーの中でナイフメーカーによるパネルトークが開催されます。今回のテーマは「タクティカルナイフの定義」とのこと。どんな流れ、結論が導き出されるのでしょうか?

4名のナイフメーカーが同じテーマで作る、コンペディションを開催

今回から、4名のナイフメーカーが同じテーマで作品を披露しあうナイフコンペディションが開催されます。
公式サイトによると「今回より、イベントとして出展メーカーによるコンペディションを行います。通常よく見られるテーマを決めての競作から一歩踏み込み、まず架空のカスタマーを設定し、その顧客からのオーダー品を作る、という形式をとります。そして出来上がった物を、御来場のお客様の前でプレゼンし、質疑応答を行った上で、投票してもらい、優劣を競います。」とのこと。
 
今回の仮想カスタマーの概要はこちらで確認できます→架空カスタマー設定

2015 L.E.M.S.S BLADE Conference -P2-

日時:2015年11月22日(日)13時開場~18時終了

場所:
東京都千代田区内神田1-18-12内神田東誠ビル フォーラムミカサエコ8F会議室

イベント:
第二回カンファレンス 議題「タクティカルナイフの定義」
第一回ナイフコンペディション

入場:
無料
※今回は入場制限などはありませんが、いずれ完全招待制のナイフショーになるとのこと。
※ご興味のある方はご来場の上、詳細をショー展示者にご確認下さい。

公式サイト: http://nemotoknives.sakura.ne.jp/LEMSSTOP.html
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です