自分で考えたナイフを具現化したい。それは誰もが持つ欲望です。

しかしながら、このせまい日本ではナイフメイキングのために機械工具類を自宅で使うのはなかなか難しいのが実情。とくに住宅密集地や集合住宅にお住まいの方はこれが最大のネックと言えるかもしれません。

製作工程

そんなお客様から依頼され、ブレードを削ることになりました。
持ち込まれたのはダブルグラインドで、スウェッジ(上側)はフラットグラインド、メインベベルがホローグラインドという設計です。

ダブルグラインドの場合、スウェッジがわから削るのがセオリー。先端が薄くなりすぎないように慎重に削っていきます。ここで削りすぎるとメインベベルを削る際に先端が薄い弱々しいナイフになってしまいます。

スウェッジに刃をつけない「フォールスウェッジ」

続いてメインベベルを削っていきます。
メインを削っていく段階で鎬(しのぎ)のラインが上がってきます。ここで帳尻を合わせるように削ります。今回はワークレストを使わずにフリーで削ってみました。ラブレスは「このビール腹がワークレストになる」なんて言ってたそうですが、僕もだんだんその域に近づいてきたようです(お腹が)。

慎重に、徐々に削る範囲を広げるようにブレードを削っていきます

これで完成。バーキングはスピード調整がダイヤルを回すだけで直感的にできるので、こういう時はゆっくり回して慎重に削ったり、速く回して研削面を整えたりと用途に合わせて使えてとても便利です。

なんとかお預かりした図面と比較して、大きな齟齬なく削ることができました。熱処理後、無事に納品することができました。ここからは先は、お客様が自分でブレードを磨き、ハンドルをつけて、世界に一つだけの自分が考えた最高のナイフを具現化していってくれるます。完成した姿を見るのが今から楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です