Instagram とかを調べてみると結構やっている人が多いKA-BARのハンドル交換カスタマイズ。(みんなかっこよく仕上げてます!)

特に純正のプラスチックのものと比べ天然素材へのカスタマイズは雰囲気がガラッと変わっていいですよね。

今回はダイナミックな木目のゼブラウッドをご提案しました。

加工作業自体は難しくないのですが、ボール盤がないと正確に穴をあけたりするのが難しいところがあります。今回はボール盤などをお持ちでないお客様からハンドルの大雑把な加工だけしてほしいというご依頼をいただきました。で、出来上がったのがこれ。シュナイダーボルトで接着固定する仕様になっています。

完成。これにシュナイダーボルトをつけて納品しました。磨くとさらに格好良くなります!

この状態で納品し、ここからはお客様が自分で接着、研削、研磨して仕上げていきます。

COVID-19の一連の騒動のおかげでおうちの中にいることが多くなった昨今、自分のナイフをじっくりとカスタマイズしたり、メンテナンスをして来るべき終息宣言後の世界に備えるのもいいかもしれません。

ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です