ちょいちょいご依頼いただくハンドル交換。
今回は、バークリバーのブッシュクラフターです。

いつも通り、ボルトを抜きハンドルをはがしていきます。今回はハンドル材としてボコテを使用します。

このナイフはヒルトがないスタイルの物なので、ハンドルの端部を最初に仕上げてしまいます。

あとは通常のナイフを作る通り。
片側ずつハンドルを接着→外形加工をして、ボルトで締めこんで削っていきます。

今回はお客様が凹凸のあるコークボトル形状が嫌という事で、寸胴の楕円形のハンドルに成形しました。

バーキングであらかた削り終わった姿こちら。ハンドルがウッドになってかなりナチュラルでいい感じになりました。ベルト目そのままでもかっこいいし、どっちかというとそのままの方がバークリバーらしいような気がします。

だがしかし、カスタムナイフ的にはきちんと最後まで手仕上げをしていきます。コツコツ磨いてピカピカに仕上げました。これは本家よりもきれい!

というわけで、今回のハンドル換装も無事完了しました。

もしご自分でもやってみたいという方はぜひMatrix-AIDAまでご相談ください。
技術的にわかることは何でもお伝えします。自分だけのカスタマイズ、楽しいですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です