ナイフ作ると、ハンドル材の切り落としなどで少し余りが出ることがあります。

それを再利用する方法として、マイカルタで磨き棒作ってみました。
ハンドルとしてはちょうどいい長さなんですが、そのまま磨き棒にすると長さがちょびっと足りない感じ。180mmくらいあると使いやすいんですが。

そこで、パラコードを巻いてみました。
これのおかげで握るときに小指あたりに力が入れやすく作業がしやすくなりました。

今回作ったのはプロトとして、改善点としては以下のことが挙げられます。

  • 紐穴を縦ではなく横っ腹から開けた方がいい
  • パラコード部分をすこし太くしたい
  • パラコードのおしりに根付のようなものをつけるのもアリ

最近ナイフを始めた方で、磨き棒がなくてちょっと困る人もいるので、需要がありそう。

時間のある時に少しずつ作っていこうかな。

販売するときのイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。