ラブレスの結婚指輪はATS-34製だったという話


今日、お店に届いた熱処理品の中にCV-134で作られた指輪がありました。ナイフ以外の治具とか、部品とかの熱処理は結構あるんですが、指輪は珍しい。というより初めて。

それを見て、ラブレスの家にお邪魔した時に 「俺の結婚指輪はATS-34なんだよ」 とボブさんが教えてくれたことを思い出しました。

結婚指輪にあえてナイフの鋼材ATS-34をチョイスするところが、やっぱラブレスさんはすげーセンスいい。カスタムナイフの神様ラブレスなら絶対そこはATS-34しかないですよね。やっぱり隙のないカッコいい人だったなーと。
loveless

懐かしくなって昔のフォルダ漁って指輪が写ってたのが、ダイニングで撮ったこの写真。
たしかサッポロ黒ラベル飲んでホロ酔いだった時の一枚。なんともいい笑顔w

今度、端材のATSで指輪でも作ってみようかなと思いましたとさ。

 

 

 

 


“ラブレスの結婚指輪はATS-34製だったという話” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です