ハサミ用カイデックスシースを作る


鳥猟をしているお客様から、解体用はさみのカイデックスシースを作って欲しいという依頼を頂きました。
どうやら鳥猟をするにはナイフよりもはさみの方が使い勝手がいいそうです。

今回送られてきたのはKarshowのキッチンバサミです。

真ん中で簡単に分解できて、ナイフとしても使えるという代物です。

 

では、早速製作工程を紹介していきます。
なにはなくとも図面を書きます。ハサミといえども用途がナイフとほとんど変わらないため、いつものナイフシースと同じような構造にしていくことにしました。

 

まずは3mmのカイデックスを使って裏側のベースを作ります。
こんな治具を使って段付きの加工をします。MDF板を利用しています。
カイデックスをヒートガンでよく温めたら木工用バイスで思い切り挟み込みます。

カイデックスが硬化して完全に形ができるまでしばし待ちます。
バッチリ出来ましたね。

 

次は、ハサミを前から押さえる部分を作っていきます。
これもカイデックスをよく温めてから木工バイスで挟み込みます。
今回は2mmのカイデックス・ブラックを使用しました。

 

きちんと押しきれたので、ハサミの形がバッチリ浮き出ていますね。

 

続いては、2つのパーツをくっつけるためのネジ穴をあけていきます。
あとで消しやすいように鉛筆や赤鉛筆を使って位置出しをしています。

 

パーツがズレないようにバイスグリップなどで固定したり、端を接着した状態で穴をあけていきます。

穴があいたらネジを締めて、不要な部分をカッターで切ったりヤスリやベルトサンダーで削って外形を整えて完成です!

 

ということで、完成したのがこちら。黒でシンプルな形ですが、なかなかいい感じにに仕上がりました。

 

一番上のネジは、クッション付きスクリュー を利用しました。真ん中にゴムのワッシャーを入れることで、ネジの締め具合でシースの硬さが調整できるようになっています。これはかなりいいアイデアだと自負してます。

 

下側にはパラコードを巻いて取り付ける仕様にしました。こうすることで首から下げて使ったり、腰に下げた時に太ももに巻いてシースのブレをなくすのに使用します。また非常時にはほどいてロープとして使うこともできます。

 

裏側。ベルトループにはテックロックを採用しました。装着がしやすく、外れにくいすぐれものです。テックロック用のネジ穴を4箇所にあけて6段階でベルトループの高さを変更できるようにしてあります。

ほぼ図面通り、お客様の要望にかなったものが作れました。

 

物を渡すだけではこちらの意図がなかなか伝わりにくいので、簡単な説明書を付けて納品しました。

2016-01-28_020239038_264A0_iOS

 

この記事をみて分かる通り、カイデックスはとても簡単な図面でものすごく気軽に加工できます。
ぜひあなたもチャレンジしてみてください!もし興味があれば以下のリンクを見てみてくださいね。
カイデックス | Matrix-AIDA.com

 

また、カイデックスシースを作って欲しいなどのご要望がありましたらMatrix-AIDAまでご相談下さい。
お問い合わせ | Matrix-AIDA.com

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です