ノコギリ用カイデックスシース


ノコギリ用のカイデックスシースを製作しました。
結構大型であること、そして刃がギザギザしてるため、ピッタリ作ってしまうと抜差しの際に刃がカイデックス内部に干渉してしまうので、色々と考える部分がありましたが、最終的にこんな形にしてみました。

お客様の希望で目立つオレンジ色。そして、先端と手元に、作業休憩中にその辺の木に吊るしておくためのハトメを打ちました。

単純に作ってしまうと、前述のように抜差しの時にシース内部を削ってしまうので、この写真のようにクッション付きスクリューのゴムを真ん中に挟むようにしてねじ止めします。中のゴムワッシャーはやはり傷ついてしまうので、消耗品になります。しかし、これのおかげでノコギリの刃を傷つけることなく抜差しできるようになります。

というわけで、カイデックスはナイフやホルスターだけでなく、アイデア次第でありとあらゆるものやツールのケースを簡単に作ることができます。ぜひトライしてみてください!


カイデックス・ウッドパターンが予想以上にいい


カイデックスといえば「無機質でクール、ちょっとタクティカルっぽい」みたいなイメージが強いと思いますが、最近はそれを覆すようなカラーが続々とリリースされています。そんな中、予想以上にヒットだったのがウッドパターン。まるで木をそのまま折り曲げたかのようになるその不思議な感覚。

このルガーのホルスターはうちのお客様の(・ω・´翔(@doppelganger303)さん が製作したもの。翔さんはものすごくカイデックスホルスター作るのうまくてノウハウをいっぱい持っていて、僕もいろいろと教わっているんです。このウッドパターンを入荷したら、誰よりも早く手に入れてこのウッドパターンを使ってくれました。

天然素材のようなカラーリングに現れる起伏。なんだか不思議な感覚ですが、ちょっと温かみがありつつもカッコいい!

ホルスターにもいいですが、鉈のケースなどにも良く似合うんじゃないかなと思います。毎回入荷する数が少なくて品切れが多いのが玉に瑕ですが、手に入れるチャンスがあったらぜひ使ってみてください。ほかの人と一味違ったカイデックスホルスター、シースを作ることができます。この柄で小物を作っても面白いかもしれませんね!

ちなみに、この(・ω・´翔(@doppelganger303)さん はあらゆるモデルガンのホルスター作っているので、Tweet見ているだけですごく参考になります。カイデックスやっている人はぜひフォローしておいたほうがいいですよ!