フクロナガサのカイデックスシースを作った


今回、叉鬼山刀のフクロナガサ(9寸5分)のカイデックスシースを製作してほしいという依頼をいただきました。

フクロナガサには通常、秋田杉で製作したオリジナルの木鞘が付くのですが、「さらに携行に便利で、耐久性のあるものを」ということでカイデックスシースで製作することになりました。

今回は製作過程の写真を撮ってなかったのでサクッと完成品をご紹介しちゃいます。

 
これが完成品です。シンプルなブラックのカイデックスで製作しました。

 

依頼内容にホックをつけるように指示があったので、ラティーゴのブラックレザーを使ってホックを付けました。

 

ただ、カイデックのホールドがしっかりしているので、そのうち必要なくなる場合も考えて、ベルト部分はネジ止めにして着脱可能にしました。

 

ベルトを巻いたと状態はこんな感じです。カイデックスでしっかりホールドされている上、ホックでも固定されているので抜けて怪我をする心配がありません。

 

ベルトループにはテックロックを使用しました。ナガサが9寸5分でとても長いので、比較的低い位置にぶら下げられるようにテックロックは別パーツで取り付けできるようにしました。

 

テックロックはネジのしめる位置を変えるだけで、高さを3段階調整できるようになっているので便利です。

 

オリジナルシースと並べてみました。多少全長は大きくなりましたが、スマートな抜き差しと細身なシルエットにすることができました。

ということで、叉鬼山刀(マタギナガサ)のカイデックスシースをご紹介しました。これまで、ナガサの鞘をカイデックスで作るというアイデアがまったくなかったので、とても新鮮な気持ちがしました。

ナガサはとても古典的な刃物ですが、意外にもカイデックスがとてもマッチして渋い感じのシースを作ることができました。ぜひあなたもナガサの鞘をカイデックスでリメイクしてみて下さい!

 


カイデックスのどっちが表でどっちが裏か?


結構頻繁に電話で問い合わせを受けるのがカイデックスのオモテウラ問題。
小ネタですが参考までに。

いわゆる表、シースやホルスターにするときに外側に来るのがこっち面です。シボ加工がされていて表面はマットな感じになっています。ちなみに、ヒートガンで温めるときに局所的に温め過ぎると表面が溶けてテカテカになってしまってかっこ悪くなるので注意してくださいね。

 

 

裏、いわゆる内側に来るのがこっち側。表面がツルツルしています。反対で使うとワークを抜き差しするときに傷がつきやすいですが、こちらの面ならばそういったことがだいぶ緩和されます。

ガサガサしてるのが表、ツルツルなのが裏と覚えておいて下さいね!

カイデックスの無料マニュアル配布してます。以下のリンクから簡単に資料を請求できますのでぜひどうぞ。

カイデックス無料マニュアル | Matrix-AIDA.com