バークリバー・ブラボー1のハンドルを交換する方法


それではさっそく、タイトル通りバークリバー・ブラボー1のハンドルを交換する手順をご紹介していきます。

 

今回交換するのはこちらのナイフ。
作業する前にブレードを傷つけたりしないように養生テープを貼っておきます。

 

まずはボルトとパイプを外していきます。ボルトの中心にポンチを打ちΦ4mmのドリルで穴を明けていきます。ナイフを挟んでいるのはナイフメーカーズバイスです。

 

大抵の場合、穴を明けていく途中でボルトが外れます。パイプ穴もボルトと同様に上から穴をあけていきます。抜けないときはピンポンチなどを駆使してボルトを叩き出すような感じで取り外します。

 

全部外れました。バークリバーのボルト類はどうやらアルミを使っているようです。

 

続いてハンドルを外します。ハンドルを外すのはオルファのカッターが使いやすいです。ハンドルのお尻に差し込んでプラスチックハンマーなどで叩いていくと簡単に外れていきます。

 

反対側も同様に外します。

 

両側のハンドルが外れたの図。これで下処理が完了です。ちなみにバークリバーの肉抜きはこんなふうになってました。

 

続いて新しいハンドルを取り付ける作業に移ります。ブレード側をあとで削るので少し大きめにしてハンドルを用意します。バイスで固定してボルト穴とパイプ穴をブレードに合わせてあけていきます。

 

ボルト穴とパイプ穴は6mmでした。これを左右1セット作ります。

 

続いてハンドルの外形をケガキます。元のハンドルが綺麗に外せていたので、穴位置を合わせてケガキ線をケガきます。

 

不要部分を切り出しました。まだここでは大まかに切り出すだけ。

 

次に、左右のハンドルを固定した状態でハンドルの端部を仕上げます。コレを先にやっておかないとあとでこの部分が磨けなくなるので注意が必要です。番手を徐々に上げて最終的にバフで仕上げました。

 

いよいよ穴位置を合わせつつ左右のハンドルを接着します。写真は取っていませんが、6mmの丸棒(ドリルでもOK)などを使って位置をキチンと合わせてバイスなどで固定して貼り付けます。

 

いよいよハンドルを削っていきます。僕は工房にバーキング(ベルトサンダー)があるので、それを使います。ない場合はヤスリで削っていけばOKです。ちなみにバークリバーは凹凸の削りの径がほぼ12インチのホイールにピッタリでした。

 

最初に外形を削って揃え、その後、握りの部分を徐々に削っていきます。大まかな形ができたら、角を取るようにしてハンドルを削ります。

 

これでほぼ最終形態が見えてきました。完成の一歩手前でいったんハンドルの加工をやめます。

次に、ボルトを装着するためのザグリ穴をあけます。今回は8×6のシュナイダーボルトを使用します。穴加工には専用の8×6の段付きドリルを使用します。

 

シュナイダーボルトをきつく締め込みます。あとこのタイミングでパイプもはめ込みます。

 

ボルトの頭をバイスに加えて、弓鋸で切り落とします。このときノコ刃でハンドルを傷つけてしまったり、ナイフを落とさないように気をつけます。

 

いよいよ最終段階です。ボルトの頭を削り落とし、ハンドルとともに削り、徐々に番手を上げて仕上げていきます。

 

出来上がったのがこちら!

 

積層模様の艶めかしいラインがきれいな材です。

 

今回はお客様からのご依頼でワイン+ブラックリネンマイカルタを使用しました。元のグリーンキャンバスよりもハンドルに表情があって面白いですね。天然の木材を使ってみたり、オリジナルにはない素材で自分なりにリメイクしてみても面白いかもしれません。ぜひあなたもチャレンジしてみて下さい!

 

 

 


ナイフのハンドル材を交換する(ESEE KNIVES)


ブッシュクラフト界隈で人気のESEE KNIVESのESEE Camp-Lore Gibson JG3(3.5″ Stonewash)というモデルのハンドル材交換の依頼をいただきました。ということで工程をご紹介していきます。このナイフのマイカルタをエボナイト・リアルブラックに交換していきますね。

まずボルトをバラします。ネジ止めだったので簡単にハンドル材を外すことができました。開いてみると一つ問題があって、空いているボルト穴は7mmでうちのシュナイダーボルトには合わないことがわかりました。

 

そこで、穴をあけ直すために元々の穴に真鍮の棒を突っ込んでハンマーでカシメます。カシマッて盛り上がったところはヤスリなどで削り落として平面を出します。

 

しっかりカシまればこのように穴をあけても大丈夫。ということで5mmの穴をあけました。これで7×5のシュナイダーボルトを通すことができるようになりました。

 

次にハンドルに穴をあけていきます。
現物合わせで穴を開けるため、このようにバイスでしっかり止めた状態で穴あけを行います。

 

左右のハンドルに穴があきました。

 

ハンドルのケガキ線に沿ってザックリと外形を削り出します。

 

次にハンドル前面の位置合わせを行います。左右のハンドルがずれないように固定しなくてはいけません。今回はその場にあった5mmのドリル2本を通して固定しました。

 

端部を削って形を整えます。このようにすれば左右のハンドルの長さや形を完璧に合わせることができます。

 

この部分(ハンドルの前面)はナイフに取り付けてしまうと後から磨いたりすることができないので先に仕上げておきます。ピカピカになりました。

 

いよいよハンドル材を接着します。接着剤の乗りが良くなるように軽く耐水ペーパーを使って表面を粗しておきます。

 

さっきの5mmのドリルを使って位置がずれないようにしつつ接着します。片側ずつ接着したら外形を削りブレードの形に整形します。

 

これで外形研削は完了です。あとはシェイプを削り出していきます。ここからが一番楽しいところですね!

 

外形をほぼ90%くらいの完成度になるまで削っていきます。これでほぼ完成が見えてきました。

 

段付きドリルを使ってボルト用の段付きの穴をあけます。ハンドルの厚みと削り代を計算して段付きドリルの深さを決めます。シュナイダーボルトの足の長さも調整します。

 

ボルトと一緒にひも穴パイプを入れます。下図のように飛び出てる部分は弓鋸で切断します。その後、ボルト部分を削りハンドル材と高さを合わせつつ最終的な形状に削っていきます。

 

ほぼほぼ完成状態になりました。まだちょっと削り跡が深いのと、ハンドルのお腹部分が厚ぼったい状態です。

 

細かな部分はヤスリで調整していきます。

 

あらかた完成に近づいてきたら、あとは耐水ペーパーで番手を上げつつシコシコと磨いていきます。靴磨きの要領でやっていくと良い丸みがでます。ただし細かい番手のペーパーで長時間研磨すると、ボルトとハンドルに段差ができてしまうので注意します。

 

最後は研磨剤をつかって磨き上げたら完成。
元のハンドル材と比べたらものすごく高級感がでました。

 

ハンドルはラブレスを意識したコークボトル型で、ゆるやかな凹凸ができるようにしました。

 

ということで、今回はハンドル交換の手順をご紹介しました。このあとカイデックスシースも作ったので、そちらの手順もこんど紹介していきます。