ヤスリのサビは○○○で簡単にとれる!錆びたヤスリを元通りに戻す方法


いつの間にやら錆びてしまったヤスリ、工具箱に入っていませんか?錆びたままでもヤスリは使えますが、見た目も悪いし、他のものに錆がうつってしまったり、工具箱が汚らしくなってしまいます。普段から身を粉にして働いてくれるヤスリ君。たまにはサビをとって労ってあげましょう。

 

ヤスリの錆は木工用ボンドで簡単にとれる!

実はヤスリにできたサビはとても簡単にとることができるのです。
なんと必要なものは錆びたヤスリと木工用ボンドだけ!

今回用意したのはこちらの長年ほったらかしにされたサビサビになったヤスリ。

 

今回の主役、木工用ボンドです。

 

やり方は簡単。木工用ボンドをヤスリに塗るだけ。ボンドを塗っていったら、それを手で延ばすなどして全体を完全にコーティングしてください。ちょっと多めに塗るのがコツです。ボンドをケチって薄く延ばすようにすると、あとで剥がす時に大変なので厚みを持たせるようにしてください。

 

塗り終わって1~2日ほど放置すると、サビを吸い上げて黄色くなった状態でボンドが固まっています。

 

あとはこれを剥がしていくだけ。切れないように剥がしていくと気持ちいい!サビがボンドにくっついているのが分かりますね。

 

全部きれいに剥がせました!きんもちいいー!

 

肝心のヤスリはというと・・・

きれいになりました!なんて手軽なんだ!

 

Before Afterで比べるとこんなに違います。
写真の上がAfterです。ちなみにボンドでのサビ取りを2回やりました。

 

ということで、今回はヤスリのサビを簡単に綺麗に取り除く方法をご紹介しました。
本来は工具をこんなに錆びないように使うのが大切ですが、やはり炭素鋼は錆びやすいのでこういったメンテナンス方法を知っておくと便利ですよ!

 

 


STANLEY GUESS(スタンリーゲス)のZIPPOにアバロンをインレイ!


ナイフにかぎらず、うちのお店にはいろんな趣味や特技を持った方がいらっしゃいます。アバロンや白蝶貝を探していたらうちにたどり着いたというお客様がいて、その方が自分でカスタマイズしたシルバーのZIPPOやミンティアケースを持ってきてみてせてくれました。

 

見せてくれたのがこれです。非常に綺麗にアバロンがインレイされていて幻想的な模様がシルバーの小物にマッチしています。めちゃくちゃかっこいいのですぐにでも売り物になりそうなレベルでした。

 

ちなみにこのZIPPOは、Stanley Guess(元クロムハーツのデザイナーで、世界的なシルバースミス)のもの。本人にカスタムをオーダーすることもできるそうなんですが、本人のお眼鏡にかなった素材がないとインレイをしてもらえない上に、いつそれが返ってくるかもわからないという状態なのだそうです。ということで、このお客様は「それなら自分でやったれ!」と一念発起してインレイをしたところ、上の写真のようにうまいこといったという話です。

 

裏側のドクロとかめっちゃかっこいい!

 

 

ZIPPOがうまくいったので、今度はあらかじめアバロンをインレイできるスペースをあけたミンティアケースを日本のシルバー職人の方にオーダーして、完成したのがこれ。これだと一つ一つのパーツが小さくてすむので、素材を節約して使えるのが良いところなんだとか。そのかわり作業時間が圧倒的に増えるそうですがw

 

インレイの手法を聞いてみたら、気さくに教えて下さいました。ざっくりしてますが、以下がその手法です。

1.両面テープの上に仮置きして並べて隙間が無いように足りない部分は切り出し、必要な面積が埋まった所で、金属カバーにエポキシで接着。

2.はみ出した部分は切り落として研磨し、最後はUVレジンで表面をコーティング。

以上です。

インレイの手法はナイフにももちろん有効ですし、アイデア次第ではDIYで様々な遊びができそうですね!ぜひあなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。