何度か登場してもらっているカイデックスづくりの猛者、(・ω・´翔 さん。
カイデックスの技術もさることながらアイデアやデザイン性がユニークでクールな方。ぼくもたくさんのアイデアや知識をいただいてます。

この前、お店に来た時にカイデックスでカードケースを作ったものを見せてくれました。カードケースは、SNSなどでよく見かけるアイデアではあるのですが、翔さんの作ったものは一味違ってめっちゃかっこよかったのでぜひ見てもらいたいです。

これ。

まず、ビッグマネーをチョイスするセンス。派手すぎるとみんなに言われるこの柄ですが、こんな風にうまく使えばかなりカッコいい。しかも彼は紙幣のおじさんの顔がどこら辺に来るかを計算しているんだとか。さすが。


また、このカードケースの秀逸だったのはハトメの位置。
ハトメをカードの端の切り欠きのように配置して、全体がかさばらないように計算して開けてあります。EDCするものはなるべくコンパクトにするのは鉄則!これはそのお手本のようなデザインです。

そして、裏側もすごい。「きれいな銀面してるだろ。ウソみたいだろ。カイデックスなんだぜ。それで。。」と思わず言いたくなるこの風合い。ただ市販のレザーカイデックスを使うだけでなく、塗装技術を使って見事に皮の模様をエイジング。まるで本物のような質感を実現しています。

オモテウラを違う柄のカイデックスにすることでデザイン性も優れていますし、素材の節約も兼ねているという完全無欠さ。

これは真似したい逸品でございました。

カイデックス成分多めの翔さんのTwitter。ぜひフォローをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です