お客様からナイフを預かって、ハンドル交換しました。
今回お預かりしたのはこのナイフ。ブレードは鍛造で作られたものでものすごい良いものなのですが、なんとなくハンドルが気に入らない。とのことで、ご依頼をいただきました。希望はハンドルをもっと短く、そしてスタッグに変えたいということ。まずはこれに合うスタッグを東奔西走して何とか見つけ出すところから始まりました。

ブレードはかなり緻密な積層模様の鍛造品。前後ボルスターはニッケルでした。

まずはボルトをボール盤で破壊し、ハンドルを引きはがしました。

開いてみるとだいぶ腐食していました。炭素鋼のフルタングだから仕方のないこと。

後ろ側のボルスターを破壊し、タングを短く削りなおします。

ボルスターのカシメ位置を見つけ、ドリルでもんで破壊します。
だいぶ短くなり、軽くなりました。

思いっきり工程をすっ飛ばしてしまいますが、スタッグがくっついたの図。これでだいぶイメージがわいてきますね。

ちょいと厚めのハンドルが好みということなので、少し厚みを残します。
前方を少し削ることで握りやすく、かつ模様を残すように

あとはボルトを取り付け、削った部分とタングの周りを綺麗に磨いて完成です。文章にするととても簡単ですね(笑)

結果、かなりいい雰囲気のナイフに仕上げることができました。スタッグの迫力との相乗効果でブレードの美しさが際立ったような気がします。お客様にもとてもありがたいお礼のお言葉を頂戴しました。スタッグ捜索を含め長らくお待たせしてしまいましたが、喜んでいただけて感無量でした。

ご手元にある古いナイフもハンドルを付け替えるだけでこんな風に生まれ変わることがあります。カスタムナイフを一から作るのは難しそうと思っている方はぜひハンドル交換などのカスタマイズから始めてみるのも面白いかもしれません。

もしナイフ作りに関してご相談がある場合はMatrix-AIDAまでご連絡ください。

2 thoughts on “ナイフの改造

  1. 大塚 武 より:

    <BARK RIVER KNIVES/ROGUE>を所有していますが、鋼材がA2鋼なので錆を嫌って、アウトドアで使う気持ちになれません。そこでいっそのこと昔の<ガーバー/アーモハイドシリーズ>の様に、メッキ業者に依頼して、ブレード全体をクロームメッキに出来ればと考えています。問題はごく浅くエッチングされたメーカーロゴです。このままメッキすればロゴは跡形もなく消えるでしょうから、事前にレーザー彫刻でロゴを彫り、その後にメッキ加工を依頼すれば良いのではと考えます。本音を言えばハンドル材を元のマイカルタからカーリーメイプルへの交換など、諸々の加工も依頼したいのですが、最低限でもハンドル材とステンレスボルスターの取り外し、そして肝心のレーザーでのロゴ彫刻をお手伝い頂ければ幸いです。

  2. 大塚 武 より:

    <BARK RIVER KNIVES/ROGUE>を所有していますが、鋼材がA2鋼なので錆を嫌って、アウトドアで使う気持ちになれません。そこでいっそのこと昔の<ガーバー/アーモハイドシリーズ>の様に、メッキ業者に依頼して、ブレード全体を鏡面研磨した上で、クロームメッキに出来ればと考えています。問題はごく浅くエッチングされたメーカーロゴです。このままメッキすればロゴは跡形もなく消えるでしょうから、事前にレーザー彫刻で出来るだけ深くロゴを彫り、その後にメッキ加工を依頼すれば良いのではと考えます。本音を言えばハンドル材を元のマイカルタから、私の手持ちのカーリーメイプル(スタビライズド)への交換など、諸々の加工も依頼したいのですが、最低限でもハンドル材とステンレスボルスターの取り外し、そして肝心のレーザーでのロゴ彫刻をお手伝い頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です