今回は剣鉈のハンドルリメイクをご依頼いただきました。
ハンドルがすこし大きいとのことで、ナイフのようなスタイルに変更したいとのこと。ハンドル材はタンキャンバス・マイカルタをご指定いただきました。

まずは目釘をドリルで破壊して、ハンドルを切断して壊してしまいます。

中身。タングはブレードの半分くらいの長さでした。

写真は割愛しますが、この後の流れは以下の通り。

・ヒルトを取り付けるために、タングを加工します。タング全体を捕捉するのと、ヒルトの篏合部分を直角になるように削ります。

この後の工程をざっくりと書くと下の通り。

ヒルトを製作&接着

ハンドルを加工して接着

ハンドルの外径を削る

で、できたのがこちら。

実質、ハンドルを固定するのはボルト一つです。
フェイクのボルトをもう一つ取り付け、紐穴パイプも取り付けます。

磨き上げて完成です。

不思議なもので、ラブレスのニュー・フィールドナイフにそっくりなシルエットに!
タンキャンバスは時間がたつとこげ茶色に変化して、渋くなっていきます。
紐穴パイプは、ハンドルがはがれて広がらないようにするクサビの役目もあります。
ぐっと力が入りやすいよう、バック側は少し平らな面が残るよう配慮しました。

これで納品、と思ったんですがせっかくだからシースもというご依頼もいただき、カイデックスシースを製作させていただきました。

折り畳み式で製作し、コンパクトになるように配慮しました。

ベルトループを装着するオプションパーツが付きます。もちろん外して使えます。
しっかりホールドできるので、首から下げて使うこともできます。
本来はオプションパーツを外したほうが軽いですね。

今回は以上の内容で無事納品をすることができました。
かなり長い時間をお待たせしてしまったので本当に心苦しかったのですが、なんとか無事に納品することができて安心しました。

今回驚いたのは、ハンドルシェイプを変えるだけでナイフ(剣鉈)の印象がガラッと変わってしまったこと。和式の剣鉈がラブレススタイルになるなんて、作業を始めるまで思いもよりませんでした(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です