ブレード自体の仕上げは自分でやって、ハンドルの穴あけなどをお手伝いしました。

お客様の要望は、シープホーンのハンドル材を使いたいとのこと。
シープホーンの模様と厚みを合わせ、完成を想像しながら加工していきます。

替えの効かない天然素材の場合、緊張感のある作業です。

穴あけ&外周研削が完了。
テーパータングに合わせて材を成形し、ラブレスボルト用の穴をあけました。

仮組した感じもOKです。左右の模様も厚みも問題なさそうです。

この状態でお客様へ納品。あとは、自分の力で形にしてもらいます。

それから数日、お客様が完成したナイフを持ってきてくれました!

レッドスペーサーを挟んで少しカスタマイズ。ハンドルの左右対称性も良く、さらに赤い刺し色が入ってかなり良い感じにかっこよく仕上がっています!

外皮の模様も程よく残り、めちゃくちゃ色気のあるナイフになっていて、想像以上の出来に、思わず感動しました。

天然素材は独特の難しさはあるものの、やはりナイフになると抜群にかっこいいことを再確認しました。そしてなにより、今回はお客様の仕上げのセンスに脱帽でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。