「ないものは作る」という方針


お父さんが初めて作ったは、6歳の息子さんのために作ったペティナイフでした。

刃先を丸くすることでケガをしないように配慮している特別仕様です。

このお父さん、「ないものは作る」という方針で子育てをしていて、貯金箱、竹製の蒸気機関車、オリジナルTシャツやナイロン製のリュックサックなどありとあらゆるものを作ってきたんだとか。特に帆布のリュックを作るのにミシンを3台も購入したというから筋金入りです。ご本人は「買ったほうが安い」と笑いますが、ファストファッションや既製品のおもちゃなどのようにありふれたものではなく、世界で一つのものに囲まれて育ったお子さんがとてもうらやましいと思いました。

このお父さん、ナイフ作りにもハマって、今度は自分用とお母さん用のナイフ作りにもチャレンジ中です。
完成したら3人で楽しく料理するんでしょうね!僕も今から完成が楽しみです。

ちなみにこの奥様が河北新聞の「微風旋風」でコラムを連載中です。
このことも記事になっていますので、ご興味があればぜひご覧ください。
http://neokd.kahoku.co.jp/article.6

以下のパスワードででもユーザーとして閲覧できます。
ユーザーID: DEMOKD
パスワード: KAHOKU
※1ヶ月ほどで閲覧できなくなりますので、ご注意ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です