オピネルのナイフを愛用しているお客様からブレードをリメイクしたいとの要望がありました。
話を進めていくなかで、今回はブレードの外形研削までをお手伝いすることになりました。
今回はその備忘録です。

まず、オピネルからブレードを取り外し、傷がつかないように養生テープを貼ります。
今回使用する鋼材はD-2の2mm厚。オピネルのオリジナルのブレードは1.8mmくらいなので、このあと自分で薄くしなくてはいけません。

 

オピネルのブレードをバイスグリップで鋼材に固定してケガき、最初にピボットピンの穴をひろいます。

 

ザックリと鋼材を切り出します。

 

バーキングを使って外形を削り出して完了です。

 

ここから先は、お客様が自分でヤスリで削って思い通りのブレードにリメイクしていくのです。

 

 

工具があれば簡単だけど…

工具や機械が充分にそろっていればこの程度の加工は簡単にできますが、自宅にボール盤やバンドソー、ベルトサンダーなんかがない方や、音と振動が気になる方には案外むずかしい工程になってしまいます。

でもMatrix-AIDAは、そんなホビーメーカーのあなたの味方です。
こういった削り出しだけでなく、鋼材に穴をあけるなどの簡単なお手伝いもしてますので、なんでもお気軽にご相談下さいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です