ストック&リムーバブルでナイフを作っている者に宿命づけられているのが端材。どんなに無駄のないデザインを描いても、一定の鋼材から切り出すときにどうしても中途半端な部位が残ってしまうものです。

もったいないから何となく取っておくけど結局使わない…そんな自分に嫌気がさして一念発起、その辺に落ちていた端材でひとつナイフを作ってみました。

これがなかなか面白い。

夢中で削っていたらこんな感じに仕上がりました。

端材にはどうしてもサイズや形に一定の制約が生まれます。しかしそれによって普段の自分では絶対に思いつかないような形状やデザインが思いつくことのに気が付き、驚きました。あまりやらない緩い立ち上がりの練習もできました。端材だから失敗してもダメージがないため、のびのびとした気持ちで削り方を研究することができました。

結果、なんかすごく見た目のカッコいいアクセサリーのような、EDCツールのようなナイフに仕上がり、自分的には大満足。もうちょっとブラッシュアップして量産してしまいたくなるくらいのお気に入りになりました。

というわけで、端材を使うと今までに自分にないデザインやアイデアが思いつくというお話でした。

ちなみに、お客様の一人もものすごくかっこいいナイフを端材から生み出していて、めちゃくちゃ刺激になるのでよかったら合わせてお読みください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です