今回は、ご依頼をいただいて下の剣鉈をナイフにアレンジします。元がすごくかっこいい形状なのでそのままでもよいと思ったのですが、ご依頼主様たっての希望だったのでお受けすることにしました。

まずは柄を外さねばいけません。目釘のところをドリルでもんで破壊します。

タングの中はこのくらいの長さでした。

次に口金をはずして、ヒルトを取り付けるためにタング部分を加工します。写真の赤い部分をベルトサンダーで削り、ヒルトとの篏合部分はベベルストッパーとダイヤモンドヤスリを使って丁寧に加工します。

その後ヒルトと2枚合わせのハンドルを作り接着します。接着完了したら大まかにハンドルを成型していきます。

だいぶナイフらしくなりました。ここまで来たらあとは丁寧に仕上げていくだけ。

本来なら、ボルト1つと紐穴パイプだけでハンドルも固定できると思いますが、全体のバランスとハンドルの接着強度を上げるためボルトは2つに。

2枚合わせのハンドルで、接着部分はこんな感じに。

ハンドルの素材はタン・キャンバス・マイカルタ。落ち着いた茶色がとても渋い。黄土色に近いですが、経年で色がどんどんと濃くなっていってさらに格好良くなっていきます。

完成!

完成してみるとシルエットが思いっきりナイフになりました。あとから気づいたのですが、ラブレスのニュー・フィールド・ナイフにそっくりな形状になっていました。

こんな感じで、古くなった剣鉈もカスタマイズすれば新たなナイフとして生まれ変わらせることができます。ハンドルやヒルトの素材や形状が変わるだけで全く違うものになってしまうのはやってみた本人もすごく驚きました。

手持ちの道具をカスタマイズするのはとても楽しいので、ぜひ興味があればあなたもトライしてみてください!Matrix-AIDAではいつでもご相談を承っています。

Matrix-AIDA


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です