新たに中国製ブランクの持ち込みがあって、キット化をすることになりました。

要望

ブランクはすでにブレードが削られて、穴が開いた状態。熱処理も終わっています。
基本的には、ブランクの穴や形状をそのまま踏襲することになりました。

依頼主の要望としては、「自分で手をかけてナイフにしたいのでキット化してほしい、ただし工具があまりないので穴あけやハンドルのざっくりとした削りまではやってほしい。」ということでした。

仕様

話し合いの結果、仕様は下記の通りに決まりました。

  • ブレード:既製品
  • ハンドル材:コーリアン
  • フィッティング:真鍮
  • その他:ブレードバックを平らに削りファイヤースチールが使える様にする

なるべく工具を使わずに済むように、ハンドルはピン留めになりました。
ハンドルも接着と外形研削まではお手伝いすることに。

作業

まずは、ハンドルのケガキと穴あけから。
現物合わせで穴あけをしていきます。

ヒルトレスのナイフなので、ハンドルの前面の仕上げを取り付け前にやってしまいます。
ここはナイフに取り付けてしまうといじれなくなってしまうので、こっちで仕上げてしまいます。

ハンドル前面が仕上がったら、接着します。
慎重に片側ずつ貼り付けます。貼り付けたら外形をブランクに合わせて削り、その後に反対側も接着。同様に外周を削っていきます。

これでほぼナイフの形に仕上がりました。

あとはこれを好きな形で削り、自分の手にフィットするようにしてもらえればOK!

元々の約束だとこれで完成→納品でよいのですが、お客様との話し合いの中で「工具が皆無に等しい」とうかがっていたので、おせっかいかと思いましたがもう少しだけ作業を進めます。

全体を少しだけ厚残しにして、ガイドラインくらいまでハンドルを削り込みます。
特に今回のようなフィンガーグルーヴのあるナイフはそこら辺の処理が迷いがちなので、メリハリをつけて削っておきました。あとはなだらかにするのも、鎬をピンとするのもお客様の自由です。

ハンドルの他、レーザーカットそのままの状態だったブレードバックを平らに削り、刃付けをして無事納品となりました。ちょっと手を出しすぎておせっかいだったかなと思ったら、大変喜んでいただけて一安心。

ここまでだとほぼ完成に近いように見えますが、ハンドルの成形やタング周りの磨きなど、完成までにはもう少し作業が必要です。ここからはお客様に頑張ってもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。