この前、「ナイフ作りには場所が必要?いや、なくてもできるかも」というエントリを書いたら、本編の内容よりも「途中で使われていた写真のベルトサンダーはいったい何?どこのメーカーのもの?」という問い合わせを2件ほど受けました。おそらく他にも知りた[…]

とある日のこと、ファクトリーナイフのハンドルを交換しようとしたけど途中でうまくいかなくなったというお客様からSOSメールが届きました。 katz K103プーマクラトンのハンドル材をスタッグに変えるため、ボルト固定用の穴をあけようとしました[…]

今回はご依頼でKA-BARのBK9のハンドル交換とカイデックスシースを制作しました。かなり大きなサイズのナイフなので、大判のハンドルを仕入れるところから始めたのでかなりお待たせしてしまいました。 さて、今回のお題のナイフがこちら。元々はAB[…]

キャンプに包丁やペティナイフを持って行く機会は結構あると思いますが、現場で使っているとついついどこかに置き忘れてしまったり、うっかりテーブルの端においてしまって駆け回っている子どもたちがぶつかりそうになってヒヤリみたいなことってありますよね[…]

それではさっそく、タイトル通りバークリバー・ブラボー1のハンドルを交換する手順をご紹介していきます。   今回交換するのはこちらのナイフ。 作業する前にブレードを傷つけたりしないように養生テープを貼っておきます。   ま[…]

お客様からの依頼でナイフハンドルを交換して付け替えることになりました。 ということでハンドル交換の作業工程などをご紹介していきます。 件のナイフはこちら。もともとはパラコード巻のハンドルだったそうですが、街の包丁屋さんにハンドルを頼んで付け[…]

ナイフ小僧の新作、6″サーモンハンター完成しました! 釣り竿をプレゼントしてくれたお客さんへのお返しということでナイフを1本プレゼントすることにしました。死ぬほど進捗が悪くて、かなり長い間お待たせしてしまったんですが、ようやく完[…]