キャンプに包丁やペティナイフを持って行く機会は結構あると思いますが、現場で使っているとついついどこかに置き忘れてしまったり、うっかりテーブルの端においてしまって駆け回っている子どもたちがぶつかりそうになってヒヤリみたいなことってありますよね[…]

それではさっそく、タイトル通りバークリバー・ブラボー1のハンドルを交換する手順をご紹介していきます。   今回交換するのはこちらのナイフ。 作業する前にブレードを傷つけたりしないように養生テープを貼っておきます。   ま[…]

お客様からの依頼でナイフハンドルを交換して付け替えることになりました。 ということでハンドル交換の作業工程などをご紹介していきます。 件のナイフはこちら。もともとはパラコード巻のハンドルだったそうですが、街の包丁屋さんにハンドルを頼んで付け[…]

ナイフ小僧の新作、6″サーモンハンター完成しました! 釣り竿をプレゼントしてくれたお客さんへのお返しということでナイフを1本プレゼントすることにしました。死ぬほど進捗が悪くて、かなり長い間お待たせしてしまったんですが、ようやく完[…]

お客様が新たに作ったナイフを見せてもらいました。 スタッグが美しくかっこいい普通のハンティングナイフと思いきや・・・   ブレードを近くで見てみると、先端の方は普通のエッジですが、ストレート部分は細かいセレーションエッジになってい[…]

お客様からの依頼で、KA-BER KnivesのShort Becker Drop Pointというモデルのきせかえハンドルを作らせてもらいました。通常は、写真のようにプラスチックのハンドルがついています。 今回の依頼は、きせかのハンドルを[…]

お盆休みに少し時間があいたので、久々に自分用のナイフを作り始めます。 作るのはタイトルの通り3″ヒルトレスケーパーです。 部長のマスターを借りて、ケガキを入れます。部長のマスターは熱処理されているので、そのまま固定して作業できる[…]