ナイフ作ると、ハンドル材の切り落としなどで少し余りが出ることがあります。 それを再利用する方法として、マイカルタで磨き棒作ってみました。ハンドルとしてはちょうどいい長さなんですが、そのまま磨き棒にすると長さがちょびっと足りない感じ。180m[…]

今回は片刃のフラットグラインドというご注文なんですが、ひとつ難しいところがありました。それは鎬(しのぎ)の形状。ふつうはブレード全体を削るだけでいいんですが、手渡されたブランクにはメインベベルが徐々に広くなる感じのイメージが描かれています。[…]

最近、AliExpress などで買った中国製のナイフブランクからナイフを作ろうと思ったけど色々と難しい。どうにかならないかという相談をいただくことがあります。 お客様と相談して、自分で加工できる工程までを確認し、ハンドルを取り付けてキット[…]

ご依頼いただいて切り出し用のレザーシース作りました。依頼主の方はカイデックスで作るか、レザーにするか迷っていましたが、結局レザーに。オーダー内容としては、「逆さにすると抜けないくらいのテンションかつ抜きやすい」とのこと。相反する機能がシース[…]

お客様が作った鉈に刃付けをしたんですが、試しで使ってみたら刃角が厚すぎて食い込みが悪いということで、大きくグラインドしなおすことになりました。 6㎜厚のブレード。ボウイナイフのようなシルエット。横から見ると全く問題ないのですが、いかんせん刃[…]

最近Matrix-AIDAで仕入れるようになった、サテン仕上げ用のベルトがかなり使い勝手がよく、重宝しています。ファブリックベルトというもので、3Mのスコッチブライトのような感じで、ナイロン繊維の不織布をベースに化学的に安定な接着剤と砥粒と[…]

さて今回はお客様から支給されたATS-34を削ります。替えがないサイズということで失敗できないミッションで緊張感あります。さて、頂いた図面はダブルグラインドのブレードでしたので、今回はダブルグラインドを削るときのコツなどをご紹介しながら工程[…]

お客様が先端を欠けさせてしまったAL MARのフォールディングナイフ。お預かりしてリグラインドすることになりました。 気持ちいいくらいに先端がポキっと折れてしまっています。こういう場合は全体のバランスを崩さぬようにブレードバック(背中側)の[…]