ナイフカタログ2018が発売されます


毎年恒例の国内で入手可能なファクトリーナイフを紹介しているナイフカタログの2018年度版が発売になります。

 

今回の特集記事は松田菊男さん。工程ごとに撮影されたブランクから削りのすごさの片鱗を知ることができます。

 

様々なナイフでブッシュクラフトをして、刃物の性能を比較する特集も。
人気のモーラやバークリバー、BUCK、オピネルとかを使って性能を比較しています。

 

国内外のファクトリーナイフの総ざらい。
お気に入りのナイフがきっと見つかると思います。

 

先日行われたJKGナイフショーと、関アウトドアズナイフショーのレビューも。
かなりの高速編集ですね。速報として是非チェックしてみてください!

 

ナイフカタログ2018は11月15日発売です。ぜひご購入ください。


カイデックスでシャチハタ・ホルスターを作った


僕はモノをよくなくす。
とくに小さなシャチハタなんかは仕事で毎日使う必須アイテム。なのによくなくす。そこでシャチハタシースをKydexで作ってEDC(Everyday Carry)することにしました。余りの端材程度で作れるのでKydexの練習としてもお勧めです。今回はその作り方をご紹介します。

今回は、リアルツリー柄の端材があったのでそれを利用します。
まずは適当な大きさにカッターで切れ目を入れて折り割ります。

 

ヒートガンを使ってよく温めてフォームプレッシャーを使って木工バイスで締め付けます。ハンコは円柱形で少し深く押し切らないといけないので、フォームプレッシャーを片側2枚重ねて押します。

 

ムギューっと締め付けます。

 

しばらく待てばこの通り。ちょっと大きかったけど、大きく作っていらないところを後から削ったり切ったりしたほうが楽です。鉛筆で完成品の外形を描きます。後はそれに沿ってカット。

 

穴をあけたら完成です。

 

これでシャチハタをEDC!

 

同じ方法で、ライターやペンなどのホルスターも作れます。
あなたもカイデックスのあまりで、ぜひ作ってみてくださいね!