この前ブログで ブーツクリップをカイデックスシースに付ける という記事を書きました。そしたらそれをナイフメーカーの奈良定さんが読んでくださってたみたいで、ご自身のアイデアをシェアしてくれました!

奈良定さんもカイデックスにブーツクリップをつけるのは前からやっていたそうで、色々と試行錯誤もしていたそうです。問題にしていたのは、クリップの保持力。クリップの保持力が弱いと本体を抜く際にカイデックスがポケット内でずれたり、外れてしまったりしてしまうことがあります。

そこで奈良定さんが考えたのがこのサスペンダークリップ(フィッシュクリップ)で補助する方法。

写真右側のクリップがサスペンダークリップ。これをポケットに咥えてクリップの補助をします。
ネジ止めで固定してあります。この形なら利き手にこだわらず付け替え可能です。

実際付ける所見せてもらったところクリップだけの場合と比べて保持力が格段に上がって、ナイフの抜差しくらいでシースがずれることは一切ありませんでした。

クリップの名称はサスペンダークリップとかフィッシュクリップで検索すると様々な形のものが出てくるので、それで使いやすそうなものを選べば良さそうです。

今回の奈良定さんのアイデアのような拡張性の高さもカイデックスシースの素晴らしいところですよね。ぼくも今度真似してみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です