KIKU KNIVESの飛騨というモデルのカイデックスシースをカスタムメイドしてほしいという依頼がありました。
このナイフには元々素晴らしいカイデックスのシースが付属しているのですが、オーダー主の方からは下記のような特別注文がありました。

・純正のシースだと装着位置が高いので、提げて付けるようにしたい

・山で使うため、脱落防止のロックができる機構が欲しい

最初は純正の物にオプションパーツを付ければいいかと思ったのですが、脱落防止のロック機構を考えるとなかなか難しく、新たに製作るすることにしました。

ベースづくり

まずはカイデックスの本体を製作します。
純正の物は一枚のカイデックスを折りたたむスタイルの物になっているが、今回はロック機構を取り付ける為、2枚を貼り合わせるスタイルに変更しました。

なるべく細身になるようにハトメで固定するのはエッジ側だけ。ブレードバックの方は解放状態になります。

ブレードバックのところに鉛筆で丸が書いてあるところがロック機構に使おうとしている穴

ベルトループ製作とロック機構

腰から下げるためのベルトループをレザーで製作することにしました。

2つのループがあるのは、ベルトに横向きで取り付けることが出来る様にしたことと、2枚合わせのシースの為、背中側が不用意に開いたりしないようにという配慮の為。レザーはヌメ革を使ってみたがちょっと色合い的に良くないので後でブラックレザーに変更することにしました。

ロック機構は左図を見るとわかる。パラコードを絞ることで簡単にロックできるようにしました。
抜き差しを頻繁にするときはパラコードを外して反対側に回すなどすればノーアクションで抜き差しできるようになります。

お客様に写真を送りおおむねOKの返事を頂けたので、本番としてレザーをブラックに変更しました。

KIKU KNIVESのイメージが質実剛健という感じなので、ブラックの方がよく似合うかなと。
ループの部分はネジ止めにしてあり、傷んだり古くなったりしたら交換可能に。

腰から下げて、ちょうど抜きやすい位置に来るようになりました。ハトメノ穴を利用すれば太ももに紐を括り付けることもできます。

純正品と比べて幅や大きさはほぼ同じにすることが出来ました。

というわけで、今回のプロジェクトはこれにて完了。

KIKU KNIVESさんのシースをリメイクするというのは大変恐れ多いものでしたが、お客様にも喜んでいただけたので良かったかなと思います。カイデックスシースはとても手軽にできますし、レザーやほかの素材との相性も抜群です。興味のある方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

最後に記念撮影。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です