ご依頼いただいて切り出し用のレザーシース作りました。
依頼主の方はカイデックスで作るか、レザーにするか迷っていましたが、結局レザーに。オーダー内容としては、「逆さにすると抜けないくらいのテンションかつ抜きやすい」とのこと。相反する機能がシースには必要なのです。

とりあえず何も考えずに単純に型を起こして作ってみると、抜けない(笑)預かった切り出しをよく観察してみると、先端に向かってすこしずつ大きくなっていることが判明しました。

というわけで、中子の型を見直してすこし抜きやすくして再度製作し、何とか無事に完成までこぎつけました。切り出しは薄いため中子も2.8㎜のレザーを使わなければなりません。その分、シース全体がしなりやすくなってしまうため、ベルトループを長く縫ってシース全体の硬さを出すようにしてあります。

お客様のイメージになるべく沿うように頑張りました。
市販の物でもケースを自分で作るだけで世界で一つの物になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。